格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

UFC on FOX29:オッズ/予想と展望

ダスティン・ポイエー 1.69
ジャスティン・ゲイジー 2.25
カーロス・コンディット 2.75
アレックス・オリヴェイラ 1.48
イスラエル・アデサニャ 1.38
マーヴィン・ベットーリ 3.20
ミッシェレ・ウォーターソン 2.05
コートニー・ケイシー 1.80
ティム・ボッシュ 3.30
アントニオ・カーロス・ジュニオール 1.37
ムスリム・サリコフ 1.61
リッキー・レイニー 2.45
ウィルソン・ヘイス 1.71
ジョン・モラガ 2.20
クリシュトフ・ヨッコ 2.20
ブラッド・タヴァレス 1.71
ギルバート・バーンズ 1.19
ダン・モレット 5.15
シェイナ・ドブソン 1.87
ローレン・ミューラー 1.95
ディエゴ・リマ 1.91
岡見勇信 1.91
アージャン・ブラー 1.27
アダム・ビチョレク 4.05
マシュー・ロペス 1.77
アレハンドロ・ペレス 2.10
ルーク・サンダース 1.24
パトリック・ウィリアムス 4.35

 メインはライト級ランキング5位ポイエーと6位ゲイジーの対戦。ライト級は新王者ヌルマゴメドフが誕生したが、次の挑戦者に誰がなるかは未だに混沌としている。マクレガーは無いとして、元暫定王者ファーガソンは怪我からの回復次第では有力。3位のアルバレス、来週行われる4位のバルボーザ vs. 7位リーの勝者も有力候補。

ゲイジーがアンダードッグなのが意外だが、ゲイジーはアルバレスに敗れていて、勝ったアルバレスはポイエー戦で実質負けているから(アルバレスの反則膝でノーコンテスト)ということか?ただストライカーのポイエーはゲイジーにとってはリスキーな相手。打たれても打ち返すという激闘型ファイトが信条だが、ポイエーの打撃で打たれると意識が飛んでKOされかねない。前回のアルバレス戦での敗戦で、UFCで勝っていくためにゲイジーがファイトスタイルを変えるか、それともあくまで超激闘型スタイルを貫くのかによって予想が変わる。

期待も込めて、ゲイジーKO勝ちを予想。

昨年の日本大会以来、はじめてウェルター級でのUFC登場となる岡見のオッズはTUF準優勝のリマとイーブン。2タイムTUFファイナリストのリマだが、今回のTUF前の時点でのUFCの戦績は1勝3敗。敗れれば再契約は難しくなる。岡見にとっては最後の挑戦。ウェルター級はミドル級より層が厚く厳しいが、まずリマには完勝しないとダメだろう。

岡見一本勝ちと予想。

第1試合開始は15日朝4時半。岡見の試合は第4試合で、おそらく5時半~6時くらいに始まる予定。今回は近年のUFCで最多の14試合組まれており、ファイトパスプレリムでは岡見の試合を含め、6試合が2時間半に詰め込まれている。直前に選手バスが襲撃されて試合が減る可能性もあるが。

速報します。