格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

UFC226:第3試合・カーティス・ミレンダー vs. マックス・グリフィン

ウェルター級。

ミレンダーは2月に地元カリフォルニアでUFCデビュー。いきなりタイトル挑戦経験のあるチアゴ・アウベス相手にKO勝ちしてインパクトを残し、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

グリフィンはストライカーでUFCでは2勝2敗だが、前戦では売出し中の倒し屋マイク・ペリーからダウンを奪って勝利。カンフーベースの流派・ボクフードーの黒帯。

打撃戦。飛び膝をヒットさせたミレンダー。ローでバランスを崩したグリフィン。タックルに入ったグリフィン。テイクダウン。ハーフ。下で押さえ込まれるだけのミレンダー。グリフィンも固めているだけだが、ハーフの足を絡めているだけで本当に何もしないミレンダー。ブーイングも飛ぶがそのまま1R終了。

1Rグリフィン。UFCデビュー戦ではグラウンドにならなかったミレンダーだが、下になったら何もできないのか?

2R。重い打撃を入れていくミレンダー。左ボディ、左ハイ。ミドル。ガードしているグリフィンだが圧されている。タックルに入るがミレンダーギロチンに抱えた。振りほどいて離れたグリフィン。しかしグリフィンはヒット&アウェイで手数を稼ぐ。じわじわ出ていくミレンダー。組んできたところに膝を打ち込み、さらにパンチが顔面にヒット。後退したグリフィンを追いかける。グリフィンのパンチをもらったミレンダーだが、ケージ際でテイクダウン。パウンド。ホーン。

2Rスタッツではグリフィンだが印象でミレンダー。

3R。グリフィンが飛び込むところに飛び膝を合わせようとするミレンダー。グリフィンパンチ連打で突進するとケージに押し込みタックルへ。ミレンダーのテイクダウンディフェンスが不完全で倒せそうだが倒せない。ミレンダーはギロチンに抱えると引き剥がした。残り2分。ミレンダーのジャブ、ストレートが伸びてきてヒットする。間合いを詰めてミレンダーがワンツーから金mンに膝。ケージに詰めてパンチを打ち込む。グリフィンなんとか逃れるが追いかけてパンチを打ち込むとケージに詰まったところで膝!残りわずか。ジャブで入らせないミレンダー。タイムアップ。

3Rもスタッツでは若干グリフィンのヒットが上回っているが、印象ではミレンダー。

判定29-28でミレンダー勝利。

勝ったが下になった時の何もできなさと手数の不足は改善が必要か。