格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

UFN134:オッズ/予想と展望

マウリシオ・ショーグン 2.95
アンソニー・スミス 1.43
グローバーテイシェイラ 1.45
コーリー・アンダーソン 2.66
ヴィトー・ミランダ 2.50
アブー・アツァイター 1.53
マルチン・ティブラ 1.41
ステファン・シュトルーフ 2.75
ダニー・ロバーツ 1.24
ダヴィッド・ザワダ 3.90
ナスラット・ハクパラスト 2.75
マーク・ディアキーシー 1.41
ニック・ハイン 1.53
ダミアー・ハゾヴィック 2.50
エミル・ミーク 1.57
バルトシュ・ファビンスキ 2.35
カリッド・タハ 2.85
ナド・ナリマニ 1.38
ジャスティン・レデッド 1.67
アレクサンダル・ラキッチ 2.10
デイヴィー・グラント 2.85
マニー・バミューデス 1.38
ジェレミー・キンボール 2.95
ダルコ・ストシッチ 1.36
ダミアン・スタシャク 1.91
リュウ・ピンユエン 1.77

2年ぶりのドイツ大会。ドイツ大会は2014年から3年連続で開催され、去年は開催がなかった。前回はメインカードの地元ドイツ人選手はニック・ハインのみ。今回は6カード中3カードにドイツ人がいるが、1人はUFC0勝1敗、残る2人はUFCデビュー戦(ザワダは1週間前に負傷欠場した選手の代役)。あまり地元に頼らない感じのラインナップ。

メインは5月のチリ大会からスライドしたマウリシオ・ショーグン vs. ヴォルカン・オズデミア…のはずだったが、オズデミアがビザ問題で出場できなくなり、ノーランカーのアンソニー・スミスに変更。

スミスはミドル級で4勝2敗だったが、先月のラシャド・エヴァンス戦で初めてライトヘビーに上げると、元王者のエヴァンスを1R53秒でKOしてエヴァンスを引退に追い込んでいる。今回も元王者との対戦に。代役としての出場ではあるが、初めてメインの出場となる。29勝のうち判定勝ちが2試合しかないフィニッシャー。ここ4勝はKOしての勝利だが、ミドル級時代最後の試合はチアゴ・マヘタ・サントスにKO負けしている。

元王者ショーグンは現在3連勝中。昨年3月のジャン・ヴィランテ戦はいい内容でのKO勝ちだったが、その前のコーリー・アンダーソン戦は微妙な判定勝ち。その後、昨年の日本大会でOSPとの再戦が組まれていたが負傷欠場。今回は1年4ヶ月ぶりの試合となる。

PRIDEトーナメント王者ももう36歳。とはいえスミスは相当な格下。そのスミス相手にアンダードッグというのは悲しい。確かにダメージが気になるし、連続KOしているスミスの一発をもらったらKOされそうだが…。期待も込めてショーグン一本勝ち。

プレリムには昨年のRIZINバンタム級トーナメントに出場したカリッド・タハが地元ドイツ大会でUFCデビュー戦を行う。RIZINでは修斗環太平洋王者石橋佳大にテイクダウンを奪われながらグラウンド膝で逆転KO勝ち。準決勝のDEEP王者大塚にはパンチで優勢に試合を進めていたが、終盤のギロチンで逆転一本負けを喫した。相手のナリマニもUFCデビュー戦。3月にデビュー予定だったが、相手の負傷で試合が消滅している。

第1試合開始は22日日曜の11時半。メインは深夜3時開始で、全試合終了は月曜の朝6時の予定。

速報します。