格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

UFC on ESPN+15:オッズ/予想と展望

ジェシカ・アンドラ1.54
ジャン・ウェイリー 2.60
エリゼウ・ザレスキ・ドス・サントス 1.36
リー・ジンリャン 3.40
カイ・カラフランス 1.53
マーク・デ・ラ・ロサ 2.65
ルー・ツェンフォン 6.00
モフサル・エフロエフ 1.14
ウー・ヤナン 2.20
魅津希 1.71
ソン・ケナン 1.91
デリック・クランツ 1.91
アンソニー・ヘルナンデス 1.61
パク・ジュンヨン 2.45
ジュン・ダーウン 3.60
カディス・イブラギモフ 1.31
スムダルジ 2.55
アンドレ・スークムタズ 1.57
ダミアー・イスマグロフ 1.54
アゴ・モイゼス 2.60
カロル・ロサ 1.95
ララ・プロコピオ 1.87
アラテン・ヘイリ 1.95
バットゲレル・ダナー 1.87

3年連続の中国大会。UFC初参戦・UFC2戦以下・UFCレギュラー選手がそれぞれ1:1:1くらい。初参戦選手が多いのは魅津希をはじめ、欠場選手の代役もいるから仕方ない部分もあるが。

メインは女子ストロー級タイトルマッチ。明らかにウェイリーが地元だから組まれたカードだが、オッズはそこまで離れていない。

ウェイリーはローカル時代は16勝のうち判定は1試合のみだったが、UFCでは3勝のうち2つが判定。前回、初めてランカーのティーシャ・トーレスと対戦し、打撃と組んでの首投げで優勢に試合を進め危なげなく判定勝ち。まだ底を見せていないが、タイトルコンテンダークラスとの対戦もない。

アンドラジはバンタム級から2階級を落としてきただけあって、ストロー級ばなれしたパワーあふれる打撃とスラムが武器。ヨアンナやナマユナスとは打撃の技術で差があるものの、ナマユナス戦ではキムラを仕掛けてきたところを持ち上げて頭からマットに叩きつけてKO勝ち。

打撃の技術ではウェイリーが上かもしれない。組ませなければ意外と勝機があるか?予想はアンドラジの判定勝ち。

代役でUFCデビューとなる魅津希はメインカードの初戦に。相手は地元のヤナンで、今回も含め3戦全てが中国大会での試合。初戦はテイクダウンを許す展開で、三角を仕掛けるなど下攻めを見せたが、凌がれて判定負け。2戦目も同じようにテイクダウンを奪われたが、ガードからの腕十字が極まり一本勝ち。

魅津希は本来のストロー級よりも1階級上での試合となるが、相手のレベルは決して高くはなく、ストロー級でタイトル戦線に絡むつもりならこれくらいの相手はフィニッシュしなければいけないところ。

第1試合開始は31日土曜日の夕方4時から。UFC日本語サイトでは日本語実況付きで無料配信される。速報します。