格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

UFC on ESPN+31:オッズ/予想と展望

デレク・ブランソン 3.70
エドメン・シャバージアン 1.30
ジョアン・カルダーウッド 1.53
ジェニファー・マイア 2.65
ヴィセンテ・ルケ 1.57
ランディ・ブラウン 2.55
ランド・バンナータ 1.69
ボビー・グリーン 2.25
ケビン・ホランド 1.50
トレヴィン・ジャイルス 2.70
フランキー・サエンツ 2.80
ジョナサン・マルチネス 1.45
エド・ハーマン 2.65
ジェラルド・マーシャート 1.53
レイ・ボーグ 1.44
ネイサン・マネス 2.85
エリック・スパイスリー 2.70
マーカス・ペレス 1.50
ジャマール・エマース 2.50
チムール・ワリエフ 1.59
クリス・グティエレス 1.31
コーディ・ダーデン 3.60

今月はまた会場をラスベガスのUFC APEXに移しての無観客開催。8月も毎週開催。さらに、火曜日にはコンテンダーシリーズも毎週組まれている。

メインではホリー・ホルム vs. アイリーン・アルダナが予定されていたが、アルダナが新型コロナウイルスで陽性となり消滅。また、セミのジェニファー・マイアと対戦予定だったヴィヴィアニ・アロージョも同様に新型コロナウイルスでの欠場。

代わってメインに昇格したのがミドル級のデレク・ブランソン vs. エドメン・シャバージアン。レスラーのブランソンはUFC11勝5敗で、負けた相手はヨエル・ロメロ、ロバート・ウィテカーアンデウソン・シウバホナウド・ジャカレイイスラエル・アデサニヤと、全員タイトルマッチ経験者。元王者のリョート・マチダにはKO勝ちしている。

シャバージアンはまだ22歳で11戦全勝、うち10試合が1Rフィニッシュ勝利という幻想あふれるファイター。唯一フィニッシュできなかった試合がUFCデビュー戦で、中堅以下のダレン・スチュワート相手にタックルからのテイクダウンで攻めたが、後半失速してパウンドで追い上げられ、スプリット判定で辛くも勝利。この時は、ローカル戦績は相手に恵まれていただけかと思ったが、そこからまた1Rフィニッシュを続け、前回はイスラエル・アデサニヤ相手に5R戦い抜いた地味強のブラッド・タヴァレスに1RKO勝ち。

初戦のスチュワート戦での失速が未だに気になるところだが、今回もスカ勝ちするようなら本物。年齢的にもまだ慌ててタイトル戦線に絡んでいく必要はないが。

期待を込めて、シャバージアンKO勝ち。

第1試合開始は2日朝7時予定。速報します。