格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

UFC on ESPN+31:第3試合・ジョニー・ムニョス vs. ネイサン・マネス

バンタム級。ともにUFCデビュー戦。

レイ・ボーグの代役でUFCデビューするムニョスは27歳でMMA10戦全勝。うち2KO・6一本勝ちがある。柔術黒帯で、IBJJFのノーギ部門でも試合をしているグラップラー。あまりにも直前の試合決定だが、準備はできているのか。

マネスは29歳で11勝1敗。唯一の敗戦はカナダのTKOでのバンタム級王座防衛戦で、元UFCファイターで佐々木憂流迦にも勝利しているタイラー・ラピルスにKO負けした試合。なお、ラピルスはUFC3勝1敗の戦績を残しながら、UFCとの再契約が実現せず、ローカルで戦い続けている。

打撃でじわじわ出るマネス。組み付いたムニョスがケージに押し込み膝を入れるがローブロー。再開後放った蹴りがまたローブロー。再開。ムニョスタックル。スタンドでバックに回った。投げを狙うがこらえるマネス。しかし正対してサバ折りテイクダウンで倒したムニョス。ハーフから足を抜いて簡単にパス。キムラを狙う。サイドから上四方に。頭をまたいで極めを狙うが、マネスがっちりクラッチして耐える。が、ムニョスは放して鉄槌を入れると一気にバックマウント!パウンド連打。しかし時間がない。防戦一方のマネスだがホーン。

1Rムニョス。終盤のパウンドは止められてもおかしくなかったが、マネスも残り時間がないことを計算してディフェンスに専念した可能性がある。

2R。マネスがまたじわじわ出る。ムニョスのタックルは切る。またタックル。切られたムニョスはシッティングガードで引き込もうとする。付き合わず立つマネスを追いかけてケージに押し込むが、マネス離れる。パンチで出るマネス。ムニョスまたカウンターのタックル。切ったがシングルレッグに。ケージで片足のままこらえるマネス。入れ替えるとボディを殴っていく。こらえ放った肘でムニョス額をカット。ブレイク。再開後、強い打撃を入れるマネス。ムニョスのタックルは止められる。離れたマネス。飛び蹴りが交錯して下になったムニョスだが、マネスは付き合わず立たせる。しかしムニョスタックルからシングルレッグに押し込むと持ち上げてテイクダウン成功。ハーフからこつこつ殴るが時間がない。ホーン。

テイクダウンはあったが打撃のヒット数でマネスか?

3R開始直後のムニョスの蹴りがまたローブローになりタイムストップ。3度目ということでムニョスに1点減点。2Rマネスなら、判定になるとムニョスの勝ちはほぼ無くなる。再開。ムニョスタックル。押し込むだけ。ブレイク。ムニョスまたタックルからケージ押し込み。テイクダウンを狙うが倒せない。時間が過ぎていく。マネス逆にボディロックからテイクダウン。三角を狙うムニョスだが外した。しかし下からカーフスライサー。浅いか。タイムアップ。

判定29-27×3でマネス勝利。反則減点がなくても同じ結果に。

1Rは圧倒していたムニョスだが、2R以降はテイクダウンに苦労し判定負け。