格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

UFC on ESPN+50:第3試合・インパ・カサンガナイ vs. カールトン・ハリス

ウェルター級。

重量級以外では珍しいアメフトからの転向組のカサンガナイ。UFC2戦目でメインカードに出場するホアキン・バックリーのジャンピングソバットで被KO・オブ・ザ・イヤーとなったが、前戦はミドル級からウェルター級に落とすと、1勝0敗のサーシャ・パラトニコフ相手にテイクダウンを狙っていく展開で、2Rにスクランブルで逃げようとしたパラトニコフにチョークを決めて一本勝ち。UFC2勝1敗。両親はコンゴからの移民で、MMA9勝で一本勝ちが3回、KO勝ちがゼロという、UFCでは珍しい選手。

ガイアナ出身初のUFCファイター・ハリスは5月にUFCデビュー。UFC1勝1敗のクリスチャン・アギレラ相手にパンチを効かせて、組み付いてきたところをがぶってダースチョークで1R一本勝ち。現在はブラジル在住で、マーシオ・クロマドから習ったルタ・リーブリがバックボーン。UFCデビューが遅く、34歳と若くない。

カサンガナイのパンチにハリスも長いリーチから打ち返すと組み付く。ケージに押し込みテイクダウンを狙うがカサンガナイはこらえて引き剥がす。パンチを打ち込むハリス。打撃戦ではリスのパンチが効いたカサンガナイ。それを見たハリスが間合いを詰めて追い打ち。もらってカサンガナイダウン!ハリスバックを取り右のパウンド連打。動けず打たれ続けるカサンガナイ。レフェリーストップ。

きれいではないが変則的なパンチがヒットし、ハリス2試合連続フィニッシュ勝利。