格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

UFC266:セミファイナル・ヴァレンチーナ・シェフチェンコ vs. ローレン・マーフィー

女子フライ級タイトルマッチ5分5R。マーフィー3位。

女子P4P2位(1位はバンタム&フェザー級王者アマンダ・ヌネス)のシェフチェンコバンタム級でヌネス相手にスプリット判定負けして以来、フライ級に落として7連勝。防衛戦は6度目で、勝てばロンダと並びUFC女子最多となる。前回はストロー級から上げてきたジェシカ・アンドラジに力の差を見せつけて最後はテイクダウンしサイドからの肘連打でKO勝ち。フライ級ではピンチに陥る場面すらなく、上ランカーを見ても当分タイトルを手放しそうにない。

シェフチェンコと対戦経験がない選手の中ではもっとも高ランクのマーフィー。UFCデビューから7年となる38歳。フライ級に落としてからは、すでにバンタム級に上げているシジェラー・ユーバンクスに判定負けしたのみで6勝1敗。スタンドでプレッシャーを掛け打撃を入れ、組むとテイクダウンして上から攻めるスタイルだが、シェフチェンコに打撃・テイクダウンが通用するか。

見合い。じわじわ出るシェフチェンコだが両者手が出ない。1分過ぎてシェフチェンコが左を放つ。組もうとしたマーフィーだが引き剥がしたシェフチェンコがパンチをヒットさせる。左ミドル。マーフィーまず間合いに入れない。シェフチェンコサイドキック。スーパーマンパンチで出たマーフィー。しかしワンツーローをもらう。左をもらったマーフィーはまた距離を取る。両者の間合いの外。シェフチェンコが出ると下がって距離を取るマーフィー。マーフィーが出ようとしたところにバック肘を合わせたシェフチェンコ。また出たマーフィーにパンチから胴タックルでテイクダウン。

2R。マーフィーはじめて組み付けた。ケージに押し込みテイクダウンを狙うが、シェフチェンコこらえる。シングルレッグで倒そうとするが、足を引き抜いて離れたシェフチェンコ。蹴りを入れていく。ミドルからバックスピンキック。マーフィーが飛び込んできたところで胴タックル。投げてテイクダウン。ハーフで固める。動けないマーフィー。残り1分。シェフチェンコも固めているだけ。残りわずかで肘を入れたシェフチェンコ。ホーン。

2Rシェフチェンコ

3R。パンチを入れるシェフチェンコ。ワンツー。出てきたマーフィーに右。ワンツーロー。顔面に前蹴り。ロー。マーフィーなすすべなし。スーパーマンパンチを入れるシェフチェンコ。パンチで出るマーフィーだがローをもらう。パンチのコンボの連打の後に必ず右ローを入れるシェフチェンコ。それが効いてきたか。マーフィー出て行けず、みあいが続きブーイングが飛ぶ。マーフィースーパーマンパンチ。しかし組み付いたシェフチェンコがバックに付く。ホーン。

3Rシェフチェンコ。もうフィニッシュするしかないマーフィーだが…。

4R。マーフィーのスーパーマンパンチをかわそうとしてバランスを崩したシェフチェンコだが、それだけで会場が沸く。すぐに立て直したシェフチェンコ。右ミドルを入れるシェフチェンコ。左ハイ。ワンツーロー、前蹴り。パンチで出たマーフィーに右がヒットしマーフィー効いた!すぐ間合いを詰めて左ハイ!下がるマーフィーを追いかけてパンチのラッシュ!体をそむけて逃げようとするマーフィーだがシェフチェンコ組んでテイクダウン。パウンド。マーフィーしのごうとするが、ハーフからのパウンド連打がヒットし、レフェリー止めた!

終始圧倒したシェフチェンコが女子最多タイの6度目の防衛に成功。しかし、これでまた挑戦者がいなくなった。