格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

UFC on ESPN+53:第6試合・ネイト・ランドワー vs. ルドヴィート・クレイン

フェザー級

ここまでUFC1勝2敗のランドワー。アメリカ人だがロシアのM-1チャレンジでキャリアを積みUFCとの契約にこぎつけた変わり種。2敗の相手はハーバート・バーンズとジュリアン・エロサで、いずれも1RKO負け。勝った相手はベテランで元ランカーのダレン・エルキンスで、タックルを切って打撃を入れ続けての勝利。

スロバキアのボクシング王者・クレインは、スロバキア人初のUFCファイター。昨年9月のUFCデビュー戦では直前の代役だったためか体重オーバーしてしまっての秒殺KO勝ち。2戦目はTUFウィナーのマイク・トリザーノ相手に打撃で劣勢で、タックルを仕掛けるも寝かすことはできず判定負け。

ミドルを入れるクレイン。組んできたランドワーを逆にケージに押し込んだ。入れ替えるランドワー。離れた。クレインプレスしていく。左ミドル。ワンツー。右を入れたランドワー。残りわずかでランドワーが出てパンチのラッシュ。さらに首相撲から膝。ホーン。

クレインが優勢だったが、最後のラッシュでランドワーが印象を取り返したか。

2R。クレインがパンチから左ハイでラッシュ。ランドワータックルで組み付くとケージに押し込む。膝を打ち込んでいく。離れた。クレインが強烈なパンチ連打。しかしランドワーが打ち返すとクレインタックルに。受け止めたランドワーががぶるとスタンドでアナコンダをセット。膝をついだクレイン。ランドワーアナコンダチョークで引き込む。けっこう絞まっているが外れた。立った。スタンドでもランドワーが押す。ホーン。

2Rランドワー。

3R。クレインがケージを背負わせてパンチを入れるが、逆に出てパンチを入れるランドワー。クレイン後退。下がりながらタックルに入るが押し倒され逆に下へ。またアナコンダチョーク。タップアウト!

スタンドではクレインかと思ったが、スタンドでもランドワーが押していって、最後はクレインの心が折れていた。