格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

PFL 2022#5:メインイベント・ブルーノ・カッペローザ vs. マテウス・シェッフェウ

ヘビー級。

RIZINファイターで、プロハースカとオークストリスに敗れて2戦2敗のカッペローザは昨年のウィナー。初戦はオースチンを1RKOし6点。

シェッフェウはアンテ・デリアに敗れて0点。

カーフキックを入れるカッペローザ。ジャブ。手数が多い。出ていくシェッフェウだが、攻撃がほぼ空振り。連打を入れたカッペローザ。しかしシェッフェウの右がヒット。カッペローザ後退。打ち返しタックルに入るが切られた。シェッフェウさらにパンチで攻める。距離を取るカッペローザに逃げるなと長髪。詰めて連打を入れるシェッフェウ。ゴング。

1Rシェッフェウ。

2R。打ち合いでカッペローザやや盛り返してきた。距離を取り手数を出していく。しかしシェッフェウも打ち返しペースを握るには至らない。タックルを狙うが切られる。

3R。前に出てきたシェッフェウ。手数は衰えていないカッペローザ。ジャブから右ボディ。出てきたシェッフェウにタックルを仕掛けたが切られた。シェッフェウ下がらず手を出していく。タイムアップ。

三者29-28でシェッフェウが前年ウィナーのカッペローザを破る。が、3点では決勝トーナメント進出ならず。

プレーオフは1位ゴルソフ vs. 4位カッペローザ、2位アンテ・デリア vs. 3位ヘナン・フェレイラの対戦に。