格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

RIZIN.15:メインイベント・キング・モー vs. イリー・プロハースカ

RIZINライトヘビー級(93kg)王座決定戦・5分3R。

モーはシューズ着用。

ローを入れたモー。プロハースカが右を入れる。両者間合いに入らない。モーが右のダブルで出た。プロハースカ飛び膝。パンチを合わせるモー。ローで足を払ったモー。プロハースカがパンチを打ち込む。ゴング。

両者ビッグヒットなし。

2R。右を打ち込むモー。モータックル。切ったプロハースカ。離れた。プロハースカの右がヒットしコーナーに詰められるモー。サークリングして離れたが、プロハースカ詰めてくる。しかしパンチがヒットせず。右オーバーハンド。プロハースカ左目から出血。気にしている。ドクターチェック。再開。ジャブをもらったプロハースカ。アッパーで出るがモーは距離を取りかわす。前に出るプロハースカ。コーナーのモーに飛び膝を放つがヒットせず。ゴング。

3R。プラハースカのパンチをかいくぐりタックルに入るモーだが切られた。プロハースカまた飛び膝。タックルを再三切られるモー。3Rはプロハースカが攻めてる。モーはヘッドムーブでパンチをもらわないようにはしているが消耗しているのか手が出ない。ガス欠気味のモーだがなんとかパンチはかわしている。しかしパンチ連打をもらいガードの上から殴られるとダウン。レフェリー止めた。

プロハースカが初代王者に。

RIZIN.15:セミファイナル・那須川天心 vs. フリッツ・ビアグタン

キックルール59kg契約3分3R。

静かな立ち上がり。天心もいきなり倒しには行かない。飛び膝を見せた天心だがビアグダンの攻撃がローブローに。

2Rに入り近い間合いでパンチの打ち合い。若干頭が当たりそうになる。ミドルを蹴るビアグダン。天心が出てくるところに右フック。天心が胴回し回転蹴りを出すが空振り。ローを蹴る天心。左。天心の左が入るがビアグダン倒れない。また左が入るが下がらないビアグダン。コーナーに詰めた天心がラッシュするがビアグダンも返す。ゴング。

3R。ローの蹴り合い。天心の左がヒット。さらにボディ。左のダブルが入るがビアグダン打たれ強い。倒れないが天心が膝から左ストレート。押し倒すようにダウンを奪う。左右のフックを振り回すビアグダンだが天心のボディへの膝でうずくまったビアグダン。レフェリー止めた。

RIZIN.15:第10試合・堀口恭司 vs. ベン・ウィン

60kg契約5分3R。

前に出てパンチを入れ組んだウィン。堀口四つから投げを狙うが、すり抜けてバックに回ったウィン。背中に乗る。チョークを狙うが外して離れた堀口。ウィンすぐに距離を詰める。堀口組み止めるがウィン離れた。間合いを詰めてくるウィン。堀口のパンチが入る。ウィン前に出てパンチを入れるとまた組んだ堀口。引き剥がして離れたウィン。堀口の飛び込んでのパンチがヒット。効いた!立ったがふらついている。またパンチを貰うと背中を向けてしまうウィン。堀口ラッシュ。レフェリー止めた。

試合後リングに上った榊原委員長より、6月14日のBellatorニューヨーク・MSG大会でBellatorバンタム級タイトルマッチ・ダリオン・コールドウェル vs. 堀口恭司の決定が報告される。

RIZIN.15:第9試合・北岡悟 vs. ホベルト・サトシ・ソウザ

71kg契約5分3R。

左右のフックで出る北岡。サトシのパンチを貰うが、北岡のパンチも入った。組んだ北岡。サトシがシングルレッグでテイクダウンを狙うが北岡倒されずこらえるとギロチン。コーナーに押し込んで絞める。かなりタイトに入ったが、サトシ自ら下になり外して立った。サトシの眉間がカットしておりドクターチェック。再開。

パンチで出る北岡。サトシのハイをキャッチしテイクダウン。しかしサトシすぐ立つ。組んだ北岡。サトシギロチンに抱えると引き込むが外した北岡。上になるがすぐ立つ。サトシの右ハイはガード。サトシがプレスしてきた。サトシのパンチをヘッドスリップでかわす北岡。飛び込むフェイントを見せる北岡。北岡のワンツーがヒット。サトシはジャブを突いてヒットさせる。サトシが飛び膝からジャブ。ゴング。

2R。ガチャガチャしたパンチで出る北岡。サトシのジャブもヒットしているがパンチを貰い嫌がる。北岡タックル。テイクダウン。サイドに回り押さえ込んだ北岡だが、北岡のまぶたにカットがありタイムストップ。ドクターチェック。スタンドで再開に。

前に出てタックルに入る北岡。テイクダウン。踏みつけ。北岡足関。アキレス。しかしパンチを貰う。立とうとしたところでバックを奪うサトシ。バックから腕十字へ。立ち上がって腕を抜いた北岡が上に。サトシの足を潰して押さえ込むがまたブレイク。飛び込んでフックを打ち込む北岡。ラッシュ。しかしサトシのパンチが入り動きが止まった北岡。サトシラッシュ。後方に倒れた北岡。サトシがパウンドに行くがレフェリーが割って入りKO。

スタンドで再三もらっていたパンチのダメージの蓄積か。2R押さえ込んだ状態でブレイクが掛かったのが惜しかった。

RIZIN.15:第8試合・カール・アルブレックソン vs. クリスティアーノ・フロリッチ

93kg契約5分3R。

ジャブの差し合い。アルブレックソンワンツー。左ミドルを打ち込んだアルブレックソン。スリップしたフロリッチの上に。フロリッチは下からダブルアンダーフックでしがみつく。アルブレックソンがパウンド。肘。立ち上がってパスしようとしたアルブレックソンだがまたガードに入る。また立ったアルブレックソン。足でディフェンスしているフロリッチだが下から逃げられないままの状態が続く。蹴り離して立ったフロリッチだが、アルブレックソンが組んでボディロック。微妙にロープを掴んで耐えるフロリッチ。膝の打ち合い。フロリッチの膝がローブローに。再開。終盤にフロリッチのパンチが入りアルブレックソンダウン!パウンド連打するがゴング。

2R。アルブレックソン、やや失速気味。フロリッチが前に出てパンチを入れる。右を打ち込んだアルブレックソン。左ミドル。フロリッチもミドルを放つがスリップ。上になろうとしたアルブレックソンだがフロリッチ立った。打撃戦が続く。アルブレックソン、左ボディや左ミドルを入れる。フロリッチの連打がヒット。出ていったフロリッチがロープ際まで詰めてラッシュ。ゴング。

3R。アルブレックソンが右オーバーハンド。左フックにつなげる。アルブレックソンレッグダイブでテイクダウンしたが、フロリッチがロープの間からリング外に出てブレイクがかかる。またタックル。倒した。寝かせる。パウンド。レッグドラッグハーフ。パスしてサイドに。動けないフロリッチ。がっちり固めているアルブレックソン。押さえ込みながらパウンドだが手打ちでダメージはそれほどでもない。残りわずかで亀になったフロリッチの頭部に膝。タイムアップ。

判定3-0でアルブレックソン勝利。フロリッチ悪くなかったが、テイクダウンされた後はリカバリー不足だった。

RIZIN.15:第7試合・RENA vs. サマンサ・ジャン・フランソワ

女子51kg契約5分3R。

フランソワはシューズ着用。フランソワの前蹴りをキャッチしたRENA。フランソワは組んで首投げを狙うがRENAこらえた。フランソワ離れる。また組み付いていくフランソワ。コーナーに押し込み肘を入れるフランソワ。RENA入れ替えると逆に首投げ。しかし勢いが付きすぎて上になったのはフランソワ。RENA立つがフランソワが足を掛けてテイクダウン。RENA下からキムラ。フランソワ立って外した。RENAが組み付いてくるフランソワを引き剥がして肘を入れる。また首投げを仕掛けたRENAだがすっぽ抜けて下に。フランソワバックマウント。パウンド。肘。腕を掴んでチョークを防ぐRENA。バック、あら殴り、残りわずかで顎の上から絞めるがゴング。

2R。下になったRENAだが腕十字へ。フランソワ持ち上げてスラム。体をまたいで外した。RENAが立ちサッカーボールキック。スクートで足を蹴るRENA。ガードに入っていくRENA。パウンド。下から三角を狙おうとするフランソワだがRENA離れてスタンドで再開。RENAのパンチがヒットする。フランソワくんでテイクダウンしたが、そのままの勢いで上になったRENAがマウント。肘・パウンド。フランソワ亀になりバックマウント。バックから腕十字。しかし抜けて下に。また腕十字を狙う。クラッチして耐えるフランソワ。切れないままゴング。

3R。RENAがパンチで攻める。組もうとするフランソワ。引き剥がしたRENA。フランソワ首投げを狙ったが、RENAこらえて上になりマウント。しかしフランソワシザースで脱出。フランソワアンクル。RENA鉄槌で防ぐ。上になりパウンドを入れるRENA。離れてスクート。下からフランソワが関節蹴り。ブレイク。スタンドでフランソワタックル。切手上になったRENA。上四方から膝を頭部に入れるRENA。フランソワ立った。打撃戦でゴング。

判定3-0でRENA勝利。しかし実質2kgの体重ハンデがある試合だったので、フィニッシュしたかったところ。

RIZIN.15:第6試合・朝倉未来 vs. ルイス・グスタボ

68kg契約5分3R。

グスタボの右ハイがヒット。間合いを詰めるグスタボに朝倉の右フックがヒット。なおも出るグスタボにタックル。テイクダウン。ガードでホールドするグスタボ。動きがなくブレイク。スタンドに戻りグスタボのアイポークがありタイムストップ。再開。右ハイをガードした朝倉だがグスタボの右をもらう。グスタボまた飛び膝。朝倉組んでテイクダウン。グスタボはギロチンに抱えるが入ってない。ブレイク。グスタボの右ミドルから右フック。朝倉のパンチもヒットしている。グスタボがタックルに行くが朝倉が潰してバックに回る。足のフックは許さないグスタボ。立って離れた。ゴング。

2R。ミドルを入れた朝倉。グスタボまた飛び膝に行くが、また組まれて下になる。簡単に倒されすぎるグスタボ。コーナー際で寝かせた朝倉。グスタボコーナーで立つが立ち際にパンチを入れる朝倉。グスタボがパンチを振り回して出るが、朝倉もパンチを返す。パンチが交錯。朝倉のパンチが入りグスタボダウン。パウンドを入れる朝倉だがグスタボ立った。パンチで突っ込んだグスタボに朝倉タックル。テイクダウン。朝倉立ち上がりパスを狙うがグスタボがロープの間から外に出て逃避行為とみなされ注意1。グスタボパンチで出ていく。しかし消耗していて体が流れている。ゴング。

3R。朝倉左ボディ。グスタボは左右のフックを振り回す。グスタボのフックを下がってかわす朝倉。グスタボのテンカオがボディに入る。さらにフックを振り回すグスタボだが空振りが多い。グスタボパンチを振り回して出る。ヒットもしているが体が流れていてそれほどダメージがない。朝倉タックル。テイクダウン。足をさばいてパスしようとするがグスタボがロープの間から外に出てブレイク。レフェリー注意のみ。グスタボパンチで出るがヒット率が低い。朝倉のパンチがヒットする。タイムアップ。

判定3-0で朝倉勝利。

RIZIN.15:第5試合・渡辺華奈 vs. ヤスティナ・ハバ

女子57kg契約5分3R。

ローで牽制するハバ。渡辺の右がヒット。ハバの右がヒットし動きが一瞬止まった渡辺。下がる。出てくるハバに組もうとするが腕を伸ばして組まれるのを防ぐハバ。しかし渡辺オーバーフックから内股で投げた。逆ハーフから足を抜いてサイド。ニーオンからクォーターマウント。肘を入れる渡辺。ヒクソンクラッチに捕らえて肘・パウンド連打。肩固めを狙うが時間がない。ゴング。

2R。パンチを振り回すハバに組み付いていく渡辺。またオーバーフックし足を払って倒した渡辺。引き込んでハーフネルソン。女子は体が柔らかいので極まらないか。外れた。ハバ自ら立ちスクート。ブレイク。ハバちょっと疲れたか?渡辺は間合いを詰められない。ハバも出ないので見合いで牽制の打撃が続く。渡辺強引に組んで首投げへ。オーバーフックに切り替えてなおも投げを狙う。コーナーでこらえるハバ。ブレイク。ハバがパンチを振り回して出る。渡辺もらって後退。ゴング。

3R。ハバの右をもらった渡辺。渡辺もパンチを出しているが間合いが遠く届かない。ハバのパンチが怖くて距離を詰められないか。飛び込んで組みに行く。組めないが腕を掴んで強引に投げを狙う。しかしハバのパンチを貰った。首を抱えて内股から河津掛けで倒した渡辺。亀のハバにパウンド。ハバ、リバースクルスフィックスに捕らえられて動けない。肘を入れる渡辺。ハバ動けないがブレイクするほどではない。渡辺立ってパウンドを入れるがハバ亀のまま耐えるだけ。ゴング。

判定3-0で渡辺勝利。

しかし打撃の対応など課題を残した。ハバは負けたし実際レベルはそこまで高くないと思うが、今後初参戦選手の実力査定役としてまた呼ばれることはありそう。

RIZIN.15:第4試合・ダミアン・ブラウン vs. 武田光司

71kg契約5分3R。

ロー、ジャブを出す武田。ブラウンも右とローを打ち込む。武田のローにパンチを合わせた。ブラウンがプレスしていく。武田オーバーハンドの右。ブラウンも右を返す。パンチが交錯。ブラウンの左をもらいちょっとバランスを崩した武田。しかしなおもパンチで打ち合う。リング中央を取るブラウンに対し入っていけない。ブラウンの右がヒット。攻めてこない武田に両手を上げて挑発するブラウン。残り10秒でブラウンがラッシュ。武田胴タックルで倒したがゴング。

1R押されている武田。デビュー以来初めてか?2R以降に立て直せるか。

2R。武田タックル。ブラウンギロチンに捕らえるが外してバックに回る武田。ブラウンコーナー際で片膝をついて立とうとする。クラッチを放さない武田。バックから尻に膝を入れていく。腕を回しギロチンを仕掛けたb裏運。武田すぐにスクランブルで外し立った。離れる。ブラウンのパンチがヒット。出ない武田。ブランがパンチからハイを打ち込む。武田距離を詰めていく。ブラウン飛び膝。そのまま前に詰めてボディロックした武田。コーナーでこらえるブラウン。レフェリーブレイク。3Rやはり出ていけない武田。ブラウン右ハイから飛び膝。ゴング。

ここまであまり差がないが、強いて言えばブラウンか?ただ曖昧なRIZINのジャッジでどちらにつくかはわからない程度の差。

3R。武田出ていく。しかし組ませないブラウン。前に出ていく武田だがパンチを入れてかわすブラウン。コーナーに詰めて組もうとしたがまたかわされる武田。ブラウンがプレスする。武田出られない。ブラウンが時折パンチを出す展開。右がカウンターで入り武田効いた。追い打ちに行くブラウン。武田パンチを出しながらサークリングして凌ぐ。残り2分。勝つには出るしかない武田だが出られない。ブラウンバックブロー。ブラウン間合いを詰めてパンチを打ち込む。組もうとする武田を引き剥がした。ブラウン両手を上げて挑発。武田の右が入るが効かない。タイムアップ。

勝利アピールするのはブラウンのみ。

判定3-0でブラウン勝利。

武田、前に出られず。心を折られての負け。

RIZIN.15:第3試合・マネル・ケイプ vs. 伊藤盛一郎

58kg契約5分3R。ロングスパッツにシューズ着用のケイプ。

距離を取って両者打撃で牽制。右のパンチで出てスリップさせた伊藤だが離れる。ケイプがシングルレッグで倒すとパウンド連打。三角を狙った伊藤。ケイプパスを狙うが後転して立った伊藤。ケイプがプレスするが伊藤もパンチを出していく。伊藤タックル。切られた。ケイプ飛び膝。左ハイ。組んだケイプに投げを狙った伊藤。ケイプなんと引き込み。しかしゴング。

2R。ケイプの右ガッパーがヒット。ケイプのパンチに押されてスリップした伊藤だがすぐ立つ。追い打ちに来ているケイプに伊藤引き込みを見せたが離れるケイプ。コーナーに詰めるケイプは冷静に伊藤のパンチの打ち終わりに打撃を合わせていく。右がヒット。右が入りダウン気味に倒れた伊藤。ケイプグラウンド膝。伊藤立ったがケイプがテイクダウンしニーオン。亀になった伊藤の顔面に膝。伊藤立った。前に出てくるケイプにパンチを打ち込むが右をもらった。ケイプ左ボディから右を打ち込み伊藤前に倒れる。ケイプ膝。背中を向けた伊藤にバックからパウンド。伊藤立ったが、ケイプの右ボディをもらい膝をついた。ケイプはストップだろとアピールするが伊藤は続行アピール。が、ケイプが追い打ちに行くとレフェリー止めた。

RIZIN.15:第2試合・村田夏南子 vs. サライ・オロスコ

57kg契約5分3R。

右ハイを入れたオロスコ。村田タックル。ドライブしてテイクダウン。ハーフ。パウンドを入れる村田。立たれた。村田シングルレッグからボディロックに切り替えて投げた。バックについてパウンド。また立ち上がるオロスコだが首を掴んでコントロールする村田。放してサッカーボールキック。立ったオロスコにすぐ組んで投げる村田。立ち際に蹴りを入れた村田。コーナーに押し込んだところでゴング。

2R。シングルレッグでテイクダウンした村田。ハーフ。ハーフの足が抜けたところで立つオロスコだがそのままコーナーに押し込み村田またタックル。シングルレッグから持ち上げる。オロスコギロチンに抱えるがサイドを取られ、放さないままロックされまたヴォンフルーチョーク。オロスコ落ちて一本。

RIZIN.15:第1試合・大雅 vs. タリソン・ゴメス・フェレイラ

キックルール61kg契約5分3R。

大雅が積極的にパンチを打ち込む。フェレイラは右ボディ。テンカオ。ロー連打。大雅、前に出ていくが手数ではフェレイラ。左ミドルをもらい舌を出した大雅。コーナーに詰めてパンチを入れる。フェレイラの右に左のテンカオをボディに突き刺した大雅。フェレイラダウン!立ったフェレイラにすぐ距離を詰めてとどめを刺しにかかる大雅だが、フェレイラ距離を取り逃げてゴング。

2R。すぐ間合いを詰めた大雅。飛び膝。しかしフェレイラのオーバーハンドの右をもらいダウン!立ったが効いているか。また飛び膝を放った大雅だが足を払われてスリップダウン。左ボディを打ち込んだ大雅。フェレイラの右フックで二度目のダウン。たったがふらついている。クリンチで凌ぐ大雅。左ミドルに前蹴りを合わせられて倒れた大雅だがスリップ。しかしまたオーバーハンドの右をもらった大雅。踏ん張りが効かず倒れた大雅にダウンが宣告されスリーノックダウンでTKO。

1Rボディを効かせた時点では行けると思った大雅だが、全部右フックで3度のダウンを奪われKO負け。