格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

UFC on ESPN6:オッズ/予想と展望

ドミニク・レイエス 1.59
クリス・ワイドマン 2.50
ヤイール・ロドリゲス 1.95
ジェレミー・スティーブンス 1.87
グレッグ・ハーディ 1.33
ベン・ソソリ 3.50
ジョー・ローゾン 2.30
ジョナサン・ピアース 1.67
メイシー・バーバー 1.74
ジリアン・ロバートソン 2.15
デロン・ウィン 1.80
ダレン・スチュワート 2.05
チャールズ・ロサ 2.20
マニー・バミューデス 1.71
モリー・マッキャン 1.20
ディアナ・ベルビタ 5.00
カイル・ボクニエク 1.74
ショーン・ウッドソン 2.15
ランディ・コスタ 2.50
ボストン・サルモン 1.59
コート・マッギー 2.85
ショーン・ブラディ 1.44
ブレンダン・アレン 2.45
ケビン・ホランド 1.61
ダニエル・スピッツ 2.15
タナー・ボザー 1.74

珍しい土曜開催。

メインは元ミドル級王者ワイドマンのライトヘビー級初戦。ここ5戦で1勝4敗、年齢も35歳と曲がり角のワイドマンがリボーンするために階級変更。ミドル級からライトヘビー級への転向はチアゴ・サントス、アンソニー・スミスなどの成功例もあれば、ワイドマンを倒したルーク・ロックホールドのように初戦でKO負けする例もある。ここ最近のワイドマンの戦績や戦い振りを見る限り苦しい気もするが…。

相手は無敗のプロスペクト・レイエス。ローカルで6勝のうち5試合が1Rフィニッシュ。UFCと契約してからも3試合連続1Rフィニッシュ勝利。ランカーのOSPとオズデミアとの試合は判定になったものの、ここまでMMA11戦全勝。重量級のファイターに多いアメフトからの転向組で身体能力が高い。

最近ダウンを喫することが多いワイドマン。ダメージの蓄積が確実にあるだけに、ナチュラルライトヘビー級ファイターのレイエスのパンチは危険。テイクダウンして押さえ込むのもパワー差がきついか。

レイエスKO勝ち。

セミは先月のメキシコ大会のメインで、いきなりアイポークによりノーコンテストとなった試合の再戦。試合後にはお互いを批判し合うなど、因縁が更に深まっているだけにただで済みそうにはない。

セミ前はお騒がせ男のグレッグ・ハーディの試合が組まれている。UFC初戦は咬ませ犬相手にスタミナ切れしてからの反則負け。2戦目は超咬ませ犬相手に快勝。3戦目はコンテンダーシリーズ上がりで同じくキャリアの浅いファン・アダムスに秒殺KO勝ちしたが、短すぎてMMAファイターとしての成長度がわからなかった。今回は3年ぶりの復帰戦となるジャルジス・ダンホーとの対戦が組まれていたが、ダンホー欠場によりUFCデビュー戦のソソリに。ソソリはTUF28ではトーナメント初戦で優勝したファン・エスピーノに敗れて契約ならず。今年のコンテンダーシリーズでは2分でアイポークをもらいノーコンテスト。この実績でのUFC参戦は、やはり咬ませ犬感しかない。

第1試合開始は朝7時。速報します。

 

ONE100:CENTURY:第2部メインイベント・アウンラ・ンサン vs. ブランドン・ベラ

ライトヘビー級タイトルマッチ5分5R。

ミドル&ライトヘビー級二冠王とンサンにヘビー級王者ベラがライトヘビー級タイトルマッチで対戦というややこしい試合。ンサンはミャンマー、ベラはフィリピンで、それぞれ絶大な人気を誇るだけに、この試合を日本で組むのは宝の持ち腐れ感がある。

2018年にミドル級タイトルを保持したままライトヘビー級のタイトルを獲得したンサンはその後ミドル級王座を3試合連続KO防衛(うち2戦は長谷川賢)。ライトヘビー級王座は初防衛戦となる。

ブレイク中だったUFCのヘビー級で存在感を示していたベラだが、タイトルに絡むところまでは行かずリリース。2014年、旗揚げ3年のONEに参戦すると2戦目にヘビー級王座を獲得。これまで2度の防衛に成功しているが、年1試合未満ペースで、まだこれがONE5戦目。これまでの4戦はすべてフィリピンでの試合。

会場のミャンマー応援団が大歓声を送る。カーフキックを蹴るンサン。左足を蹴られないようにスイッチしたベラだが、オーソに戻すとまた蹴られる。右を打ち込んだンサン。返しの左はかわしたベラ。カーフを蹴られるとすぐスイッチするベラ。ンサンの蹴りをキャッチしてこかすとすぐに間合いを詰めて膝。ケージに詰めて肘を入れる。また出ていくンサン。ベラがパンチで出る。右ミドル。飛び込んで右から左を入れるンサン。ベラ左ミドル。ゴング。

2R。ンサン出ていく。カーフキック。左右のパンチ連打で出るとカーフキック。ベラも出てパンチを打ち返す。ンサンのアッパーがヒット。ワンツー。飛び込みアッパー。カーフキックも入れながらパンチで出る。ベラも打ち返したがもらって動きが止まる。両者のパンチがヒットしている。ンサンの左右のパンチが入り効いてるベラ。バック肘を入れたンサン。ベラも返してカットしたが、ベラ動きが止まる。パンチで倒れたところにグラウンド膝!さらにパウンド連打!動けず打たれ続けるベラを見てレフェリー止めた!

ONE100:CENTURY:第2部セミファイナル・青木真也 vs. ホノリオ・バナリオ

ライト級5分3R。当初はメインカード前半の扱いだったが、地元で一番知名度のある青木に敬意を評してタイトルマッチ後のセミに昇格。

3月にエドゥアルド・フォラヤンに勝ちライト級王座を奪還した青木だったが、インターバル48日で組まれた初防衛戦では若いクリスチャン・リーに敗れて王座陥落。今回は直前まで試合が組まれるかわからない状態で、ライト級GPの欠場選手の代役になることもなく、元フェザー級王者で最近は負けが込んでいるホノリオ・バナリオとのテーマなき試合に。

すぐにタックルに入った青木。四つ組みからテイクダウンを狙う。こらえるバナリオだが倒した。ダースチョーク。タップアウト。

実力差を考えれば当然の結果だが、それだけにここで星を落としたら洒落にならなかった。望まれたフィニッシュをきっちり決めてみせた。

ONE100:CENTURY:第2部第9試合・ビビアーノ・フェルナンデス vs. ケビン・ベリンゴン

バンタム級タイトルマッチ5分5R。

DREAMバンタム級トーナメントを制し、ONEでも参戦以来10連勝中だったビビアーノ。昨年11月に暫定王者ベリンゴンとの統一戦で、ONE名物微妙判定で敗れて王座から陥落。しかし、今年3月の日本大会で即ダイレクトリマッチが組まれる。が、ビビアーノが優勢に試合を進めていたところにベリンゴンの反則肘(後頭部)があり、反則でのタイトル移動というスッキリしない結末に。そのため、MMAでも異例中の異例である3連戦が組まれた。2007年のKID戦で日本デビューしたビビアーノも39歳に。

カーフキックを入れるベリンゴン。ビビアーノタックルに。両足をキャッチしてテイクダウン成功。ハーフで固める。肩固めのセットアップ。外れたが固めながらコツコツなぐるビビアーノ。残り30秒で体を起こして強いパウンドを入れるが、ベリンゴン立った。しかし見合いでゴング。

2R。ベリンゴンカーフキック。さらにミドルを入れたがキャッチsてタックルに入るビビアーノ。テイクダウン。サイド。ベリンゴンが立とうとして亀になったところでバックマウントに入ったビビアーノ。チョーク。タップアウト!

完全決着。

ONE100:CENTURY:第2部第8試合・ロッタン・ジットムアンノン vs. ウォルター・ゴンサルベス

ONEムエタイフライ級タイトルマッチ。

8月にONE4戦目でムエタイフライ級王座を獲得したロッタン。相手はWPMF世界王者のブラジル人ゴンサルベス。

お互い完全なムエタイスタイル。ゴンサルベスがハイを入れるがロッタン距離を詰めてパンチ連打。どんどん距離を詰める。ロッタンの指がゴンサルベスの目に入りタイムストップ。再開。ロッタン間合いを詰めていく。右がヒット。ゴンサルベス下がる。蹴りをキャッチしてパンチを入れるゴンサルベス。ゴング。

2R。ロッタンが間合いを詰めてパンチ・ミドルを入れる。ゴンサルベスはフックをフルスイングで振り回すが空振り。ケージに詰めてパンチを入れるロッタン。ゴンサルベス回転肘。ロッタンは縦肘を落とす。またケージを背負ったゴンサルベス。ロッタンの左ミドル。ゴンサルベスがパンチをヒットさせて打ち返そうと出るロッタンだがゴンサルベスが下がって距離を取る。ロッタンは打ち合え!と挑発。ゴング。

3R。変わらず出ていくロッタン。ゴンサルベスバック肘。ケージ詰めて肘を入れるロッタン。下がり続けるゴンサルベスにロッタンが出てこいとアピール。右が入りフラッシュ気味に倒れたゴンサルベス。すぐ立った。フラッシュダウンは取らないONE。ゴンサルベスの回転肘をブロックしロッタンがラッシュ。ゴング。

4R。すぐに出るロッタン。ゴンサルベスクリンチするがこかしたロッタン。ロッタンの左フックでゴンサルベスまたフラッシュダウン。すぐ立ったため続行。距離を取るゴンサルベスに抗議するロッタン。ケージが広いので詰められない。パンチで出るとクリンチするゴンサルベス。ゴング。

5R。ロッタンが距離を詰めるとゴンサルベスハイからタックルへ。ブレイク。ゴンサルベス、完全なタックル。ブレイク。パンチで出るロッタン。距離が詰まるとゴンサルベスはバック肘を放ち転倒。残りわずかだがゴンサルベス距離を取って勝利アピール。タイムアップ。

判定なぜかスプリットでロッタン勝利。

ONE100:CENTURY:第2部第7試合・ジョルジオ・ペトロシアン vs. サミー・サナ

フェザー級キックボクシングトーナメント決勝戦

一回戦でまさかの判定負けした優勝候補ペトロシアンだが、首相撲をレフェリーが注意しなかったという理由でノーコンテストに変更され、再戦で判定勝ちしキック100勝目を挙げた。準決勝は危なげなくナタワットに1RKO勝ち。

反対ブロックはヨーセングライ、アスケロフに判定勝ちで勝ち上がったフランスのサミー・サナ。

ミドルを入れるペトロシアン。ジャブ。出てくるサナに距離をキープしつつジャブ。ミドルでスリップダウンしたペトロシアン。ジャブ、ワンツーを入れるペトロシアン。ゴング。

2R。ペトロシアン、奥足へのローを入れてきた。サナのパンチをかわしワンツー。サナのパンチをかわしたところにパンチを入れていく。サナ空回りを続けるが、それでも手を出していき、左フックがヒット。が、浅い。ゴング。

3R。サナガンガン出てきた。ペトロシアン下がりながらカウンター。圧をかけるサナ。ヒットはない。ペトロシアンが打ち終わりにワンツー。左ハイ。前蹴りで離すペトロシアン。タイムアップ。

判定3-0でペトロシアンがトーナメント制覇。

ONE100:CENTURY:第2部第6試合・マウロ・チリリ vs. アルジャン・ブラー

ヘビー級。

8月に組まれていたが直前でチリリが負傷欠場し中止になっていた試合。インド系カナダ人初のレスリングオリンピック代表となったブラー。UFCでは3勝1敗だったが更新せずONEと契約。ONEインド進出の切り札的存在。

チリリは昨年11月にONE初戦でブランドン・ベラのタイトルに挑戦したが1RKO負け。3月の2戦目は1RKO勝ち。

打撃で出るチリリのプレッシャーに圧されて下がるブラー。組もうとしたブラーを引き剥がしパンチを打ち込んだチリリ。パンチ連打で出たチリリに組み付こうとしたブラーだが引き剥がされる。チリリがパンチで出る。クリンチしても引き剥がされるブラー。圧され続けるブラー。ゴング。

2R。ブラーシングルレッグも倒せず。チリリがパンチを入れる。ブラーもようやくパンチが出てきた。チリリはローを増やしてきた。打撃でチリリが優勢な展開が続く。ブラーは疲れも見える。ゴング。

3R。ブラーアッパーを入れるが単発。チリリは連打で出る。ブラーのパンチがヒット。クリンチアッパー。組んで押し込んだブラー。チリリも手を出すが空振りが多い。ブラーのパンチがヒットしている。タイムアップ。

終盤ヒット数で上回ったブラーだが…。

判定3-0でブラー勝利。前半かなり逃げ回っていたブラーだが、もらっていた打撃はそれほどでもなかったか。一方のチリリは顔面が傷だらけに。

ONE100:CENTURY:第2部第5試合・V.V Mei vs. ジェニー・ファン

女子アトム級。

昨年5月にアンジェラ・リーとの2度目の対戦で判定負けしてから3連勝中のV。ジェニー・ファンとは2年前に対戦して完勝しており、しかもファンが4連敗中とあって勝って当然のカード。

ファンが間合いを詰めてくる。ロー。Vワンツー。タックル。切られた。ファンの蹴りをキャッチしてテイクダウンしたVがすぐにタックルに入りバックに回る。マウントに移行。パウンド。ハーフにして押さえる。フルガードに戻すファン。Vパウンド。ファン、下から立てずに殴り返していく。上下での殴り合いのままゴング。

2R。ローを蹴っていくファン。V蹴りをキャッチしてテイクダウン成功。今度はすぐに距離を作り立つファン。ファンのロー。効いてる様子を見せるV。またロー。Vタックル。テイクダウン。ファンまたクローズドガード。パウンドを入れるV。ファンまた足で距離を作る。V首を抱えてコントロールするが引き剥がすファン。スタンド。ファンのろーが効いてる。ローを嫌がるようなタックル。切られた。ゴング。

3R。パンチを出すVだがファンに打ち返される。ファンがまたロー。またロー。ファンの足をキャッチしてテイクダウンしたV。ガードを割ってハーフにすると足を抜いてパス。サイドから顔面に膝。ガードに戻すファン。すぐにまたハーフに。ファンケージまで移動し立つ。Vを引き剥がし離れた。疲れがある両者。Vのタックル。切られた。パンチを入れていくファン。タイムアップ。

判定3-0でV勝利。しかし前回勝っている相手に追い上げられての勝利で、タイトル挑戦をアピールするには物足りない内容だった。

ONE100:CENTURY:第2部第4試合・猿田洋祐 vs. 北方大地

修斗 vs. パンクラス対抗戦第4試合・ストロー級王者対決。

猿田は2017年に王座獲得。昨年ONEに参戦すると、欠場選手の代役としてONE2戦目でストロー級王座に挑戦。ジョシュア・パシオを僅差の判定で破ってタイトルを獲得したが、4月のダイレクトリマッチではKO負け。今回はそれ以来の試合。

北方は7月に砂辺を破り第2代王者となったばかり。2年前に砂辺の王座に初挑戦した時は1Rリードしながら2Rにジャーマンからのチョークで逆転負け。しかし再戦ではドミネイトした上で5RにきっちりKOした。18歳でプロデビューして28歳だがキャリア10年目。

いきなり組んだ喜多方だが猿田テイクダウン。ギロチンで引き込んだ北方だが外れる。ケージまで移動し立とうとする北方だが猿田はハーフで寝かせた。押さえ込みながらパウンドを入れる猿田。細かいパウンドを入れながら肩固めを狙うが北方ようやく膝をついた体勢に。残りわずかで立って打撃を入れようとした猿田だが離れる。ゴング。

2R。パンチを入れた北方。左ハイ。キャッチした猿田がテイクダウン。北方ガードを取る。下から肘を入れる北方だが猿田パウンド。アゴに入り北方失神!KO!

ONE100:CENTURY:第2部第3試合・佐藤将光 vs. ハファエル・シウバ

修斗 vs. パンクラス対抗戦第3試合・バンタム級

現在4連続フィニッシュ勝利中の将光。ギロチン相手にノンタイトル戦で取りこぼしはあったが再戦できっちりリベンジした。

ハファエル・シウバは現KOPのP4Pとも言うべき最強王者。パンクラス3連勝で元修斗王者上田将勝・現DEEP王者ビクター・ヘンリーにも勝利すると、当時の王者石渡を追い詰めたが、後半失速し逆転負け。しかし石渡が去った後のパンクラスでは暫定王座を獲得すると瀧澤・金太郎に圧勝して2連続防衛。

カーフキックを蹴った将光。シウバ間合いを詰めるとタックルでスタンドでバックに付く。テイクダウンを狙う。将光クラッチを切ろうとする。後方に引き込むシウバだがすぐ立った将光。テイクダウンを狙うシウバだが将光正対。パウンド・肘を入れる将光。脇をくぐりバックに回るシウバだがまたタックルへ。切って肘を入れていく将光。残りわずかで離れた。ゴング。

2R。シウバちょっと疲れた?将光も警戒して手が出ない。将光飛び膝。また見合い。カーフキック。シウババックブロー。たっくる。テイクダウンしたが将光すぐバックを取らせて立つ。正対した将光。テイクダウンをこらえながら強い打撃を入れていく。肘・パウンドを入れた将光。離れてパンチのラッシュ。シウバ効いてる。連打が入りダウン!ストップ!

将光KO勝ち。

ONE100:CENTURY:第2部第2試合・エルナニ・ペルペトゥオ vs. 手塚裕之

修斗 vs. パンクラス対抗戦第2試合・ウェルター級。

最重量級とはいえ、6年間防衛戦をしていないペルペトゥオと、今回出場する中で唯一の暫定王者である手塚で、やや対抗戦要素が薄い。

UFCファイターでもある地味強ペルペトゥオは、UFCリリース後は3勝2敗。3勝はいずれもブラジルでの試合で、負けた2戦はいずれもアウェイ。

まだキャリア10戦の手塚。正王者グライコ・フランサにはスプリット判定負けしたが、鈴木槙吾・村山暁洋・高木健太の元王者クラス3人に完勝。高木相手にはチョークでまさかの一本勝ちをしたが、本来はKOパンチが武器のストライカー。

パンチ、ハイを打ち込むペルペトゥオ。手塚タックル。切られた。手塚がタックルに行くほどだから相当プレッシャーを感じているか。ペルペトゥオバックブロー。バックスピンキック。手塚左ボディから右。また左ボディ。手塚がプレスする。ペルペトゥオ、序盤の勢いがない。やや受け身の静止。手塚がパンチで飛び込むと飛び蹴り。パンチが交錯。ゴング。

2R。ペルペトゥオまた出てきた。パンチを打ち込む。手塚圧されて下がる。タックルに入るが切られた。手塚また左ボディ。手塚前に出る。逆にプレスしてきた。ペルペトゥオラウンド序盤は勢いがあるが、後半下がり気味になる。鉄化がパンチ・ミドルを入れる。手塚のパンチがヒットする。ペルペトゥオも強打を打ち返した。ゴング。

3R手塚最初から出ていくがペルペトゥオの右がヒット。ペルペトゥオのバックキックにパンチを合わせる。手塚の右ハイが頭部をかすめた。ペルペトゥオ、また下がりだすタイム。手塚左ボディ。ペルペトゥオの蹴りをキャッチして手塚テイクダウン。すぐにラバーガードに捕らえたペルペトゥオだが、手塚解除して密着。パウンドを入れるが後頭部の注意をされる手塚。コツコツ殴る手塚。ONEで許されている縦肘を顔面に入れる。ペルペトゥオしがみつくだけ。残り1分。ペルペトゥオ苦しそう。立ち上がってパウンド。下から足を絡めるペルペトゥオだが回転して外す手塚。蹴り上げるペルペトゥオだが、手塚が膝をついているところで顔面を蹴ってしまい反則。再開後も上下で打撃を入れ合う。タイムアップ。

判定3-0で手塚が勝利。ペルペトゥオ、終盤はスタミナ切れか。

ONE100:CENTURY:第2部第1試合・松本光史 vs. 久米鷹介

修斗 vs. パンクラス対抗戦第1試合・ライト級王者対決。

2016年に川名雄生を破りタイトルを獲得した松本。昨年5月のRIZINではダロン・クルックシャンクに1RKO負けしたが、今年5月には小谷直之をKOで破り2度目の防衛に成功している。

久米はRoadFCで3度王座に挑戦したがいずれも惜敗。2015年からパンクラスに主戦場を移すと、徳留一樹から1RKOで王座を獲得。翌年組まれたリマッチでも同じく1Rで徳留に勝利したが、昨年7月、元UFCファイターのアントン・クイバネンにKO負けで日本では8年ぶりとなる黒星。4月に再戦が組まれたが、クイバネン欠場により、代役のHEAT王者トム・サントスに押さえ込みの久米地獄からの三角絞めで完勝した。

久米の右がヒット。一瞬効いた松本。久米組んだ。ケージに押し込む。入れ替えて離れた松本。久米の右がまた松本の顔面をかすめる。組んで押し込んだ。松本また離れた。松本もパンチで攻める。久米左目尻をカット。組んでまた押し込む。離れ際に右を入れた松本。ドクターが久米の傷をチェック。バッティングによる出血の模様。再開直後久米タックルで一気にバックにチョークを狙うが外れる。久米バックから肘を連打し、残りわずかで腕十字へ。クラッチして耐える松本。ゴング。

2R。組んで投げの打ち合い。倒せず離れた久米。久米タックル。切った松本がバックに回る。四の字バック。腕を掴んで防いでいる久米だが足のロックが外れず向き合えない。残り1分。松本はバックキープ。久米がバックの松本を殴る。ゴング。

3R。プレスした久米がタックル。テイクダウン。グラウンドで膝を顔面に打ち込む久米。松本片足を抱えられて起き上がれない。身動きが取れない松本。亀になり久米がバックマウント。松本腕を掴んで防ぐがパームトゥパームで絞める。外れた。久米バックから殴る。松本前に落とそうとするが久米落ちない。やや前に落ちてきたところを殴る松本だが十分打てない状態。タイムアップ。

判定3-0で久米勝利。パンクラスが先勝。