格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

UFC on ESPN60:オッズ/予想と展望

アマンダ・レモス 2.14
ビルナ・ジャンジロバ 1.74
ブラッド・タバレス 2.36
パク・ジョンヨン 1.62
ティーブ・ガルシア 1.68
チェ・スンウ 2.24
カート・ホロボー 2.10
カイナン・クルシェウスキー 1.77
コーディ・ダーデン 1.85
ブルーノ・シウバ 1.98
チェ・ドゥホ 2.40
ビル・アルジオ 1.60
リー・ジョンヨン 1.54
ハイダー・アミル 2.54
ブライアン・ケレハー 2.70
コーディ・ギブソン 1.49
ミランダ・マーベリック 1.46
ディオネ・バルボサ 2.80
ルイク・ラジャボフ 1.87
トレイ・オグデン 1.95
ルアナ・カロリーナ 1.87
ルーシー・プディロヴァ 1.95
ハメド・ウスマン 1.74
トーマス・ピーターセン 2.14

メインは女子ストロー級3位でUFC魅津希に勝っているレモス(2020年) vs. 5位でInvictaで魅津希に勝っているジャンジロバ(2018年)。

レモスは昨年8月にジャン・ウェイリーのタイトルに挑戦したが、テイクダウンされるとグラウンド技術に差があり、パウンドで削られ続ける展開で大差の判定負け。今年2月の再起戦は柔術世界王者マッケンジー・ダーンとの対戦で、グラウンドで下になるとピンチに陥ったものの、スタンドではパンチでダウンを奪うなど攻勢で、僅差の判定勝ち。

今回の相手ジャンジロバもグラップラーで、一本勝ちが13回あるのに対し、KO勝ちは1回のみ(それも村田夏南子が腕を脱臼して続行不能になった負傷TKOなので、実質KOではない)。現在3連勝中で、ランキングも過去最高位に。UFC10戦目で初のメイン・5Rマッチ。

女子ストロー級は1位タチアナ・スアレスが次期挑戦者の最有力候補。2位シャオナンは4月に挑戦したばかりなので、この試合の勝者がスアレスの次のタイトル挑戦者候補となる。

ストライカーのレモス vs. グラップラーのジャンジロバの構図。ダーン同様、ジャンジロバはグラウンドに持ち込めないと苦しくなる。5Rマッチで両者どこまでスタミナが持つかも勝敗を左右する。

ジャンジロバ判定勝ちと予想。

今回はセミのパク・ジョンヨン以下、現在7名いる韓国人ファイターのうち4人が出場し、メインカード6試合中3試合に出場する。明らかに固めてきているが、どういう理由かは不明(特にないのかもしれないが)。

セミのジョンヨンはミドル級で4連勝していたが、前回元ランカーのアンドレ・ムニスにスプリット判定負けで、ランキング手前で足踏み状態。追記:ジョンヨンが計量後のメディカルチェックをクリアできず中止に。セミはチェ・スンウ vs. スティーブ・ガルシアとなり、リー・ジョンヨン vs. ハイダー・アミルがメインカードに昇格。プレリム5試合・メインカード6試合に変更。

スンウは今回出場の韓国人ファイターで一番キャリアがあり、UFC10戦目だが、ここまでは4勝5敗で負け越し。相手が3連勝中のガルシアということもあり、オッズではアンダードッグとなっている。

チェ・ドゥホはアジア人初となるファイトウィング部門でのUFC殿堂入りを果たしたが、現在3連敗中。昨年2月の前戦はカイル・ネルソン相手に3Rに頭突きでの減点がありドロー。2016年以来の勝利はならなかった。しかし試合内容はかつての殺傷能力が影を潜め、打撃に対しても打たれ弱くなっていた。今回は同じく前戦でカイル・ネルソンと対戦し判定負けしているアルジオが相手だが、オッズはアンダードッグ。

プレリムメインのジョンヨンはRoad To UFCシーズン1のフェザー級王者。1年のブランクを経て、今年2月にUFC本戦デビュー戦を行い判定勝ち。相手は同じく前回がUFC本戦デビューで、2RKO勝ちしているハイダー・アミル。

第1試合開始は21日朝6時半。速報します。

DEEP120:メインイベント・鈴木槙吾 vs. 佐藤洋一郎

ウェルター級タイトルマッチ。

両者オーソドックス。カーフを蹴る鈴木。佐藤は左ミドル。さらにジャブ。ワンツーうを入れた鈴木。佐藤のミドルをキャッチした鈴木だが、放してパンチを入れる。右を入れた鈴木。パンチで出る。ケージをセオス佐藤にパンチのラッシュ。右のカウンターがヒットし佐藤仰向けにダウン!KO!

チャンスと見てラッシュを仕掛けた鈴木をカウンターの右でKO。佐藤が新王者に。

DEEP120:セミファイナル・CORO vs. 瀧澤謙太

バンタム級

スイッチしながら蹴りを放つ瀧澤。COROの飛び込みにカウンターのパンチを入れてダウンを奪う。パウンドを入れるが離れた。スタンドになりパンチで出る瀧澤。組み付くCOROを引き剥がす。COROがタックルに入るが切った瀧澤。右を打ち込む。カーフキック。バックキックを打ち込みCOROスリップダウン。立たせる瀧澤。関節蹴り。左ハイ。ゴング。

2R。バックブローからスピンキックを放つ瀧澤。COROも打撃で打ち合う。距離が詰まり、蹴りからパンチの間合いに。COROのジャブがヒット。カーフキック。COROが右をヒット。ジャブを突いて出る。残り1分。瀧澤が飛びヒザを放つが、足が金的にヒットしタイムストップ。再開。左ハイを放ったCORO。ゴング。

3R。瀧澤がバックスピンキックを見せる。COROがプレスしてくる。パンチで飛び込んだが離れた。タックrう。シングルレッグ。しかし切った瀧澤。ジャブ、関節蹴りを入れる。詰めて右を入れた瀧澤。左ボディ。COROのタックル。切られる。右ボディから左フック。バックスピンキック。カーフ。手数が増えてきた瀧澤。飛びヒザからジャブ。COROまたタックルを切られた。瀧澤の右フックがヒット。残り1分。COROシングルレッグ。切られた。瀧澤バックブロー。またバックスピンキック。タイムアップ。

29-27×2、29-28の3-0で瀧澤勝利。

瀧澤は「DEEPのベルトを取ってRIZINにリベンジしたい」とマイク。

DEEP120:第8試合・中村大介 vs. 白川“ダーク”陸斗

フェザー級

カーフを蹴る白川。中村タックル。切られた。またカーフ。中村ノーガードで詰めていくが、そこにワンツー、カーフを入れた白川。左ミドルから右を入れた中村だが、白川が左右のパンチを打ち込む。白川の右がヒット。左右のボディ。ケージを背負う中村。中村が白川の蹴りをキャッチすると引き込んで足関を狙うが、足を引き抜いて立った白川。白川カーフ。左ボディ。中村ノーガードからジャブを入れる。ゴング。

2R。白川がパンチで出るとケージまで下がる中村。ジャブから右をヒットサせた中村だが、白川引かない。タックルに行く中村だが切られる。中村がジャブで出る。ヒット。白川も右を返した。右ハイもヒット。中村ワンツー。ジャブが白川の顔面を捕らえている。白川がパンチで出るとケージを背負わせてラッシュ。中村もヒザを返す。中村タックル。切った白川がパンチで出るが、中村のワンツーがヒット。ケージまで詰めて左右のフックを打ち込む白川だが、中村のワンツーがヒットし後退。中村追ってさらにパンチをヒットさせる。ゴング。

3R。ノーガードで詰める中村。白川はカーフキック。中村のワンツーがヒット。ノーガードからジャブを打ち込む中村。白川攻められないのか。手が出ない。ボディを入れた白川。カーフキック。中村またジャブを入れていく。残り1分。このラウンドはmだどちらがペースを握っているとは言えない状況。それだけに両者慎重になっているか。なかっむらジャブから右を入れる。白川がパンチで出る。ケージに詰めてパンチを打ち込むが、中村もパンチを返す。タイムアップ。

判定30-27中村、29-28白川、29-28白川。スプリットで白川勝利。

DEEP120:第7試合・阿部大治 vs. 嶋田伊吹

ウェルター級。

蹴りを放つ嶋田だが、阿部もバックスピンキックを放つ。ワンツー。嶋田組むとボディロックからサバ折りテイクダウン。押さえ込んだ。レッグドラッグハーフ。背中を向けて立った阿部だが、嶋田はバッククリンチでコントロール。阿部がバックを取られた体勢からキムラを狙ったが、スッポ抜けた瞬間に嶋田が瞬時にバックを取りチョーク!じわじわと喉元に入り阿部タップ!

元王者を1Rフィニッシュした嶋田。

DEEP120:第6試合・神田コウヤ vs. 木下カラテ

フェザー級だったが、神田が計量失敗。2点減点の上、木下が勝った場合のみ公式戦、それ以外の結果はノーコンテストとなる。

開始と同時に木下がミドルを放つが、キャッチした神田がテイクダウン。ハーフで押さえ込む。ガードに戻す木下だが、神田上からパウンド。ケージ際まで移動した木下が立とうとするが、ボディロックして投げまた寝かせた神田。振りかぶってヒジを入れた神田だが、その瞬間に立った木下。インロー、ハイを放つ神田。木下の前蹴りをキャッチしてテイクダウンした神田。ケージ際で膝立ちになる木下。立った。神田首相撲からヒジを入れて離れる。木下の蹴りをキャッチしてテイクダウンした神田。ハーフからヒジを落とす。パウンド。立ち際にサッカーボールキック。ゴング。

2R。インロー、ハイを蹴る神田。今度は自らタックルに入りテイクダウンを奪う。ハーフで押さえ込む神田。木下が立つとヒジを入れ離れる。組んだ神田だが、またヒジを入れ離れる。神田またタックルからテイクダウン。背中越しに腕をホールドするとヒジを入れてバックに回る。木下反転して上になるが、神田は下から蹴ってすぐに立つ。パンチで出る木下だが神田は飛びヒザを入れると首相撲に。またヒジを入れ離れる。神田タックル。簡単に倒されてしまう木下。ハーフからパウンド・ヒジ。木下がタックルで立ち上がるがゴング。

神田に減点2点があるが、最低でもイーブンの状態になっている。

3R。組んだ神田。木下かなり消耗して口が開いている。首相撲からヒザを入れる神田。離れた。神田も減量失敗でコンディションが良くないか。動きが落ちている。神田タックル。ケージまで押し込んだ。押し込んでまたヒジ。木下離れた。ボディを入れる木下。神田の方がより失速しているか。右ボディを入れた木下だが、神田がタックルを合わせてテイクダウン。首を抱えてコントロール。木下タックルに入り立った。木下が逆にテイクダウンを奪うが、神田すぐにオモプラッタ。抜けた。残り20秒で立った。距離を取りながら打撃を入れる神田。タイムアップ。

28-27木下、26-27神田、28-27木下。スプリットで木下勝利。

2Rまでは圧倒していた神田だが、3Rに失速し、減量失敗の減点が響いて判定負け。

DEEP120:第5試合・野村駿太 vs. 泉武志

ライト級。

いきなり四つで組んだ泉。背中でクラッチして投げた。テイクダウン。野村立ったが泉がスタンドバック。バックから右足をフックすると、左腕で野村の右手首を掴んでコントロールしつつ、右でパンチを入れる。正対した野村だが残り45秒。ボディにヒザを入れる野村。離れ際に右フック。パンチで出る野村。組み付く泉をケージに押し込むがゴング。

2R。野村遠い間合いから飛び込んでワンツー。泉が組みに行くが、胸を合わせないようにしてケージに押し込むと腹にヒザを入れる。離れた。野村ロー、ハイ。泉のタックルは間合いが遠く切られる。泉が飛び込んでアッパーを打ち込みながら距離を詰めるとタックルへ。シングルレッグでテイクダウン。足のフックを入れさせずにスイッチで正対しようとした野村だが、泉がバックキープしてまた右足をフックする。コツコツパンチを入れていく泉。逃れられない野村。泉がリアネイキドチョークを仕掛けるがアゴの上。放した。野村が背中の泉にパンチを入れ、太ももにヒジを落とすがゴング。

3R。飛び込んで右を打ち込むと泉効いた!タックルに行くが、野村は切るとバックに回り、右手で泉の右腕をホールドしながら左でパンチを入れる。連打が頭部にヒット。レフェリーストップ!

KOするしかなくなった3RにKO勝利。

ライト級王者江藤への挑戦が決定。

DEEP120:第4試合・誠悟 vs. 朝太

メガトン級。

サークリングしながらローを蹴る朝太。誠悟が追いかけてパンチを放つがステップして距離を取る朝太。追いかけてジャブ2発を入れた誠悟。パンチから組んだ誠悟。四つでケージに押し込む。払腰で投げてテイクダウン。誠悟サイドからアメリカーナ。タップアウト。

DEEP120:第3試合・石塚雄馬 vs. 佐々木大

ライト級5分2R。

両者オーソドックス。牽制の打撃戦が続くが、なかなか間合いが縮まらない。石塚はロー。両者のローキックが相打ち。直後にパンチを一発入れた佐々木。残り1分。佐々木タックル。切った石塚。両者警戒したまま1R終了。

2R。佐々木タックル。四つでケージに押し込む。離れた。佐々木またタックル。切ってパンチを入れる石塚。入っていけない両者。石塚が右をヒット。ロー。佐々木またタックル。シングルレッグ。たすきに取ってバックにつこうとする石塚。佐々木離れた。残り1分。ジャブを突く石塚。佐々木またタックル。ボディロック。ケージで脇を差して引き剥がした石塚。残り15秒でまたタックルに行くが引き剥がされる。タイムアップ。

20-18×3で石塚勝利。

DEEP120:第2試合・太田将吾 vs. 相本宗輝

68kg契約5分2R。

タックルに来た太田にアッパーを入れた相本。さらに飛びヒザ。太田組み付いてボディロック。テイクダウンを狙うが、切り返して逆に倒した相本。立って離れる。太田が詰めてくるが、バックステップした相本が右フック!ヒットし膝を着いた太田にアッパー!仰向けにダウンした太田の顔面に鉄槌連打!KO!

DEEP120:第1試合・木村琉音 vs. 齊藤璃貴

フライ級。

四つに組んだ両者。がっぷり四つ。ヒザを入れ合う。ブレイク。木村にケージつかみがあり口頭注意。再開。飛び膝を放った木村だがかいくぐった齊藤。四つになると、木村のヒザをキャッチしてテイクダウン。マウント。ブリッジで返そうとした木村のバックに着く。前に落とそうとする木村。足のロックを外した齊藤。スタンドバックに。ジャーマンで投げた。また足をフックしておたつロックに。フェイスロックしてツイスターの体勢。しかし決まらず。ゴング。

2R。齊藤タックル。シングルレッグからテイクダウン。ケージを使って立つ木村。ヒザを入れる木村だが、1Rと同じようにキャッチされテイクダウンを許す。バックを狙う。木村はシングルレッグでしのごうとしたが、齊藤はリアネイキドチョークに捕らえる。首を捕らえてから足をフックしてまたおたつロック。チョークは外れたがバックコントロールが続く。木村は背中の齊藤にパンチを入れるが抜け出せない。反転しようとしてもおたつロックのフックが効いていて返せないまま残り時間がなくなっていく。残りわずかで背負って立とうとした木村だがタイムアップ。

20-18×3で齊藤勝利。