格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

UFC250:オッズ/予想と展望

アマンダ・ヌネス 1.16
フェリシア・スペンサー 5.65
ハファエル・アスンサオ 2.35
コーディ・ガーブラント 1.65
アルジャメイン・スターリン1.87
コーリー・サンドヘイゲン 1.95
ニール・マグニー 1.69
アンソニー・ロコ・マーティン 2.25
エディ・ワインランド 4.80
ショーン・オマリー 1.21
アレックス・カサレス 2.45
チェイスフーパ1.61
イアン・ハイニッシュ 1.83
ジェラルド・マーシャート 2.00
コーディ・スタマン 1.38
ブライアン・ケレハー 3.25
チャールズ・バード 1.61
マキ・ピトーロ 2.45
アレックス・ペレス 1.71
ジュシー・フォルミーガ 2.20
アロンゾ・メニフィールド 1.44
デビン・クラーク 2.85
エヴァン・ダナム 3.00
ヘルベルト・バーンズ 1.42

記念すべき250回目のナンバーシリーズ。メインを飾るのは、もっとも層が薄くランキングすらない女子フェザー級のタイトルマッチ。

王者ヌネスは、UFC史上初・同時二階級王者として、両方のタイトルを返上せずに防衛することに挑戦する。フェザー級での試合は2018年末にクリス・サイボーグのタイトルに挑戦して以来。その試合後、「もうフェザー級には上げない」というコメントもしていたが、タイトルを返上することなく、バンタム級王座の防衛に2度成功している。

挑戦者のスペンサーは元Invictaフェザー級王者で、UFCではまだ2勝1敗。UFC2戦目では前王者のクリス・サイボーグと対戦し、完敗だったものの、フルラウンド戦い抜いてみせた。サイボーグ相手にフルタイム戦ったのはUFCではスペンサーとホリー・ホルムだけ。MMAデビュー戦のみがライト級で、後はずっとフェザー級で戦っているが、身長はヌネスより5cm低くぽっちゃりタイプ。絞ればバンタム級までは普通に落とせそう。柔術・テコンドーの黒帯。

実質階級下のヌネスが相手だが、武器が少なく勝ち目は薄い。オッズも大差がついている。ヌネスKO勝ち。

今大会はメインカードに3試合、さらにプレリムにもバンタム級の試合が組まれている。バンタム級は王者セフードが引退を宣言してタイトルが返上されており、3位ピョートル・ヤンと6位ジョゼ・アルドで王座決定戦が行われることが決定的。今大会は2位スターリングと4位サンドヘイゲン、5位アスンサオと元王者ガーブラントの試合が組まれている。上位ではアルドに勝った1位のマルロン・モラエスのみ、次の試合が決まっていない。

キック世界王者のサンドヘイゲンは、前回グラップラーのハファエル・アスンサオからグラウンドに持ち込まれても凌いで打撃で判定勝ち。今回の相手はUFCで初のレスラーで柔術黒帯のスターリング。勝てば位置的に次期挑戦権に大きく近づくが…モラエスはどうなるのか。

第1試合開始は7日朝7時半。速報します。

iSMOS.1:北岡悟が自ら主催するイベントでZST王者・小金翔と対戦。近藤有己も出場。無観客開催をニコニコ生放送で配信。クラウドファンディングも実施。

対戦カードも発表。全カード、パンクラスイズム横浜所属選手と外部の選手との対戦が組まれている。

第4試合 71kg契約 5分3R
北岡悟 vs. 小金翔

第3試合 78kg契約 5分3R
近藤有己 vs. 餅瓶太

第2試合 61kg契約 5分3R
矢澤諒 vs. 大井洋一

第1試合 73kg契約 5分3R
木村裕斗 vs. 友實竜也

また、ルールはユニファイドルールに準じたものになるが、判定はなくタイムアップ時にはドローとなる。

北岡は昨年7月のRIZINでジョニー・ケースにTKO負けして以来の試合。小金翔は2018年10月にZSTライト級王座を獲得している。

試合は無観客開催となり、ニコニコ生放送のニコニコプロレスチャンネル(月額550円)で生配信される。また、大会の資金を募るクラウドファンディングも実施されている。

www.makuake.com

大会名にナンバリングがされており、第2回以降の開催もしたい意向とのこと。

battle-news.com

修斗2020 Vol.3:メインイベント・岡田遼 vs. 倉本一真

バンタム級暫定王座決定戦5分5R。

倉本いきなりタックル。尻もちをつく岡田。押し込む倉本。押し込みながら殴る。立たせない。ギロチンに抱えた岡田。けっこう深い。持ち上げて叩きつけた倉本だが放さない。ようやく抜けた。上をキープしている倉本。パスして袈裟固めに反転して返した岡田が逆にバックを取る。正対して離れた倉本。ちょっと疲れている?岡田は見ている。倉本若干棒立ち気味。ミドルを入れる岡田。距離を取る。倉本追いかけてパンチを入れるがホーン。

2R。岡田が目蹴り、ロー。倉本パンチで出た。ヒット。岡田タックルに入るが切られて離れる。倉本が間合いを詰めてパンチを入れる。岡田は距離を取る。倉本組んだ。岡田膝をつく。倉本はバックに付きながら知りに膝。立って正対。岡田のパンチが入り倉本ダウン!パウンド連打!立った倉本だが追いかけて殴る岡田。完全に効いてる倉本。パンチが入りダウンすると同時にレフェリー止めた。

岡田が暫定王者に。

修斗2020 Vol.3:セミファイナル・SASUKE vs. 西浦ウィッキー聡生

ライト級。

ウィキーいつもの構え。SASUKEすぐ組んでテイクダウン。ガードに戻したウィッキーだがSASUKEがインサイドからパウンドを落とす。ケージで立とうとするウィッキー。頭を付けて立たせないSASUKE。パウンド。下から蹴り上げるウィッキー。ホーン。

2R。ウィッキーの蹴りをキャッチしたSASUKEがテイクダウンを狙う。ケージ際で倒した。ケージを背にしているウィッキーからレッグマウント。ギロチンに抱えたSASUKE。決まる様子はないが、動けないウィッキー。外れた。ホーン。

3R。ウィッキーのフェイントにひかからないSASUKE。ウィッキー飛び込んで右を入れる。SASUKEレッグダイブ。切られず倒されたウィッキー。またケージを背負って座る展開。これまでここから逃げられていないが…。立ったがまた倒されレッグマウント。首をギロチンに抱えてコントロールするSASUKE。バックに回った。両足フック。バックキープ。SASUKE強いパウンド。ウィッキー反転しようとしたができず、SASUKEバックキープのままタイムアップ。

三者ともフルマークでSASUKE勝利。

修斗2020 Vol.3:第6試合・世羅智茂 vs. 岩本健汰

グラップリングルール72kg契約10分1R。

タックルに来た岩本。世羅ギロチン。後方に投げた。立つと岩本またタックル。ケージに押し込む。通常のグラップリングマッチにはない展開。世羅がギロチンを狙ったが、外されたところでバランスを崩し下になる。ガードから仕掛ける世羅だが、岩本パスしてサイド。押さえ込む。世羅ガードに戻す。ハーフから足に絡む世羅。岩本パスを狙っていくがハーフに戻した。上体を抑えた岩本がまたパス。マウント。腕を狙う岩本。腕十字を狙うが抜けた世羅。足関を狙ったが抜いて上になる岩本。また世羅足関。岩本も足関を狙い足関合戦。岩本上になる。ハーフから外ヒール。回転して外した世羅。岩本がハーフからマウントを狙ったところでタイムアップ。

修斗2020 Vol.3:第5試合・清水清隆 vs. 小堀貴広

バンタム級5分3R。

清水が飛び込んでワンツー。パンチからローキック。じわじわ出る。小堀も手を出さない。清水がワンツーロー。小堀は前蹴り程度で様子見が続く。清水の左フックをかわしてタックルに入るが切られた。ホーン。

2R。小堀ステップしてローを蹴り出す。清水は飛び込んでパンチを入れる。小堀ちょっと間合いを詰めていく。しかしまた清水が出てロー、パンチを入れる。パンチを貰いケージまで下がった小堀。先手を出していく清水。小堀のパンチがヒットし後退した清水だが、前に出た小堀がバランスを崩すように下に。清水インサイドからパウンドのラッシュ。パスしてサイドで鉄槌連打。いやがって亀になる小堀になおもパウンドを入れる。レフェリー止めた。

修斗2020 Vol.3:第4試合・黒部三奈 vs. 大島沙緒里

女子50kg級王座決定トーナメント準決勝。

ジャブを出していく黒部。大島タックル。かわした。黒部の右がヒット。大島タックル。テイクダウン。サイド。黒部亀から立った。大島また倒す。バックマウント。足のフックを外した黒部。立った。しかし大島がシングルレッグで倒す。バックに回るが、黒部正対。離れた。大島またタックル。今度は受け止めた黒部。首相撲。膝を入れる。大島が首投げを狙うが投げられず、黒部がボディロック。押し込みながら細かいパンチを入れる黒部。放してラッシュ。顔面にヒット。大島タックルに入るが潰され下に。ホーン。

2R。大島のタックルは距離が遠く切られる。黒部がパンチを入れていく。大島が大内刈でテイクダウンしたがすぐ立つ黒部。タックルに。大島はキムラ。黒部テイクダウン。倒され際に返そうとした大島だが黒部が上に。立った大島だが黒部の首相撲からの膝をもらう。離れた。大島タックル。スタンドでバックに回る。そのまま引き込んだが、黒部反転して上に。ハーフから肘・パウンドを入れる黒部。もらっている大島。立ち上がってパウンドをラッシュ。強いパウンドを入れていく。ホーン。

3R開始直後に大島のタックルを潰し上になった黒部がパウンドを落とす。大島凌ぐのみ。パスからマウント。ケージをける大島だが返せない。ラッシュ。レフェリー止めた。

修斗2020 Vol.3:第3試合・杉本恵 vs. 中村未来

女子50kg級王座決定トーナメント準決勝。

杉本いきなりタックル。ケージに押し込む。片膝をついた中村だが立った。膠着とみなされブレイク。中村パンチで出ると杉本タックル。ケージで倒そうとするが中村こらえてまた膠着ブレイク。中村が蹴りでバランスを崩したところで杉本組みに行った。ケージに押し込む。中村ニンジャチョーク。外れた。また膠着ブレイク。杉本がパンチからまたケージに押し込むがホーン。

2R。杉本またすぐにタックル。今度はテイクダウン成功。足で阻む中村だが上からパウンドを落とす杉本。中村が足関を狙うが外して上をキープする杉本。パスを狙っていく中村足を利かせて防ぐ。パスされると亀になった中村。杉本バックに回り首に腕を回す。前に落とそうとした中村だが、杉本がチョークを放さずバックマウントに。タップアウト。

修斗2020 Vol.3:第2試合・石井逸人 vs. 齋藤翼

フェザー級

石井タックルで倒したが齋藤立つ。ケージに押し込み倒そうとする。齋藤がダブルアンダーフック。大外刈りで投げた石井だがすぐ立たれた。またテイクダウンを狙うが、齋藤がブラウン肘を連打する。なおもテイクダウンを狙う石井だがホーン。

石井の右がヒットし齋藤膝をつく。すぐ上になった石井。押さえ込むとマウント。バックマウントに。チョークを狙いつつ殴る。反転された。齋藤が肘を入れて立つ。パンチを打ち込む齋藤だが石井またタックル。残り1分。テイクダウンを狙っていく石井だが、残りわずかで齋藤がバックを取る。パウンドを入れる。石井立った。ホーン。

3R。石井のタックルを切ってパンチを入れた齋藤。石井シングルレッグに行ったが切られた。齋藤飛び膝からスーパーマンパンチ。石井のローがローブローになりタイムストップ。再開。齋藤が距離を詰めていく。出てくるところにパンチを合わせる石井。パンチを振り回す齋藤だが石井の左がヒット。残り1分を切って齋藤がタックル。テイクダウン。石井が立つとバックを取った齋藤。しかし放して殴る。タイムアップ。

29-28×2、29-27の3-0で石井勝利。

修斗2020 Vol.3:第1試合・木下タケアキ vs. 西川大和

ライト級5分2R。

西川タックル。木下がケージで立つが、西川が後ろに倒して寝かせると一気にマウントへ。亀になった木下。バックマウント。やや乗りすぎ。腕十字を狙う。引き抜いて立った木下。スタンド。西川パンチからタックルへ。尻クラッチからテイクダウンを狙うがケージで耐える木下。ボディロック。ホーン。

2R。間合いを詰めて組んだ西川だが、木下が膝を入れるとローブローに。タイムストップ。再開。西川またタックル。倒した。しかし木下立って脱出。西川またシングルレッグからテイクダウン。立たれたがすぐにまた倒した。レッグマウント。木下立ったがまた倒される。首を抱えてギロチンをセットした西川。膝を入れる。外して離れる木下。しかし西川またタックル。テイクダウン。立ち際にパンチを入れた。タイムアップ。

三者20-18で西川勝利。

UFC on ESPN9:ファイトボーナス

  • ファイト・オブ・ザ・ナイト:ブランドン・ロイバル vs. ティム・エリオット
  • パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト:ギルバート・バーンズ、マッケンジー・ダーン

メインはバーンズが勝利しタイトル挑戦圏内に。王者ウスマンとはチームメイトだが、対戦には問題ないとのこと。

ウッドリーは下がり続けてもうフィニッシュするしかない状態になっても戦法を変えず。実質心が折れていたのか。ストライカーのトンプソンが相手ならわかるが、ウスマンやバーンズ相手にこれでは、今後も厳しいのでは。

UFC APEXでの開催ということで、ケージが普段より小さかったのが影響したのか、セミとメインを除けば激しい試合が多かった。空回りしたのか、やけに攻めが雑でもったいない星を落とした選手も多かったが。