格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

Road to UFC:全組み合わせ発表。堀内佑馬はRIZINファイターのトップノイと対戦。ワンマッチに内田タケルが出場。

Road to UFCの全試合順・トーナメント枠組みが発表。試合はファイトパスで中継される(開始時間は日本時間)。

◆Episode 1, 6/9 15:30~
フェザー級: イー・ジャー(中国) vs SASUKE=佐須啓祐(日本)
ライト級: パラジン(中国) vs キ・ウォンビン(韓国)
バンタム級: ケレムアイリ・マイマイチツォヘチ(中国) vs 風間敏臣(日本)
フライ級: チェ・ソングク(韓国)vs ラマ・スパンディ(インドネシア
ワンマッチ・ライトヘビー級: Zhang Mingyang (CN) vs Tuco Tokkos (UK)

◆Episode 2, 6/9 18:30~
バンタム級: キム・ミンウ(韓国) vs シャオ・ロン(中国)
フェザー級: ホン・ジュニョン(韓国) vs. 松嶋こよみ(日本)
フライ級: チウ・ラン(中国) vs ウォーレン・デル・ロサリオ(フィリピン)
ライト級: アイリヤ・ムラトベク(中国) vs パワン・マーン・シン(インド)
ワンマッチ・フライ級: ショーン・エッチェル(豪州) vs 内田タケル(日本)

◆Episode 3, 6/10 15:30~
フェザー級: シエ・ビン(中国) vs リー・ジョンヨン(韓国)
フライ級: 堀内佑馬(日本) vs トップノイ
ライト級: アンシュル・ジュブリ(インド) vs 宇佐美正パトリック(日本)
バンタム級: Rinya Nakamura (JP) vs Gugun Gusman (ID)
ワンマッチ・女子ストロー級: YeDam Seo (KR) vs Josefine Knuttson (SE)

◆Episode 4, 6/10 18:30~
バンタム級: 野瀬翔平(日本)vs ウリジ・ブレン(中国)
ライト級: ググン・グスマン(インドネシア) vs 中村倫也(日本)
フェザー級: ルー・カイ(中国) vs アンガ・ハンス(インドネシア
フライ級: パク・ヒョンソン(韓国) vs ジェレミア・シレガル(インドネシア
ワンマッチ・ウェルター級: John Adajar (PH) vs HanSeul Kim (KR)

各日、15時半と18時半から1エピソードずつで、1エピソードごとに各階級の1試合+ワンマッチが行われる。

ワンマッチにはパラエストラ柏所属で修斗に参戦している内田タケルも出場。

トーナメントの枠組みはこちら

フェザー級は日本人は2人参加だが、SASUKEと松嶋は同じブロックに入っており、勝ち上がれば準決勝で対戦が組まれることになる。

PANCRASE : NEO BLOOD!:メインイベント・ 谷村泰嘉 vs. 大塚智貴

フライ級。19歳の谷村は一昨年のネオブラストロー級準優勝で、昨年階級を上げていて現在8位。大塚は昨年のネオブラストロー級ウィナーでストロー級7位。

大塚のタックルに谷村ノーアームギロチン。引き込む。大塚落ちた!谷村秒殺勝利。

PANCRASE : NEO BLOOD!:セミファイナル・上野惇平 vs. 持田哲兵

バンタム級2回戦。

持田がパンチで突っ込んでヒット。上野は受け身。自ら手を出せない。持田前に出てパンチがヒット。上野も一発パンチが当たった。それを機に少し出てきた上野。プレスしてパンチを入れる上田。持田も打ち返すが上野のパンチがヒットし距離を取る。ゴング。

1R三者持田。

2R。パンチで出てきた持田に首相撲から膝を入れた上野。1R後半と同様、上野が出ていく展開。持田は若干守りに意識が向いているのか、下がり続ける展開。時折単発で大振りのパンチを放つが空振り。が、残り10秒で持田のパンチで上野ダウン!かなり効いてる!パウンド!上野打たれるがゴングに救われた。

2R三者持田。

3R。KOするしかない上野がパンチで出る。首相撲から膝連打。さらに肘。持田下がる。右を振り回す持田だが空振り。ケージに詰めてパンチ・肘を入れる上野。右がかすめて持田スリップ気味に下に。持田は消耗していて下からホールド。上野パウンド。フィニッシュが必要だが。ハーフにした上野。立とうとした持田を抑え込む上野。マウント!マウントからアメリカーナ。ハーフにして耐える持田。極まらない。サイドに出てまたアメリカーナ。決まらず。マウントにして鉄槌ラッシュするが腕のブロックの上。タイムアップ。両者疲労困憊で大の字。

判定三者29-28で持田逃げ切り勝利。

PANCRASE : NEO BLOOD!:第18試合・漆間將生 vs. 鬼神光司

ネオブラバンタム級2回戦。ともに本日の一回戦で勝利して勝ち上がってきた。

鬼神組んでケージに押し込む。テイクダウンを狙うが漆間こらえる。細かい打撃を入れていく鬼神。テイクダウンは防いでいる漆間だがディフェンスのみ。膝を着いた漆間。そのままパンチを入れていく鬼神。ゴング。

1R三者鬼神。

2R。鬼神タックル。すぐにテイクダウン。ケージを使って立った漆間だが、なおも押し込まれた体勢が続く。肘を入れる漆間だがシングルレッグで倒した鬼神。また立つ。離れることに成功したが、鬼神すぐにまたタックル。ケージに押し込んだ。漆間こらえているがディフェンスで精一杯。漆間肘で抵抗。シングルレッグで膝を着いたがすぐ立つ漆間。離れたがすぐまた押し込む鬼神。また離れてまたタックル。ゴング。

2Rも三者鬼神。

3R。膝を入れた漆間。鬼神出ていく。ジャブで出る鬼神。またケージ押し込み。引き剥がした漆間。バックブローは空振り。鬼神がパンチで出ていき、ケージを背負った漆間。そこにまたタックル。シングルレッグからテイクダウン。立った漆間だが押し込まれている。一回パンチを入れてまた押し込む鬼神。離れた。残り2分。鬼神ケージに詰めて両足をすくってテイクダウン。ケージで立った漆間。が鬼神放して殴る。最後にテイクダウンからパウンドレッシュ。タイムアップ。

判定3-0で鬼神が準決勝進出。

PANCRASE : NEO BLOOD!:第17試合・上田厚志 vs. 加藤泰貴

ワンマッチフェザー級

上田39歳。ロデオスタイル代表の加藤は51歳。

ワンツーを入れた加藤。上田ジャブで出て行くが加藤は距離を取る。加藤のパンチがまたヒット。上田ケージに詰めてパンチをは夏が加藤が距離を取りかわす。残り1分。加藤組んでケージに押し込むが、上田の首相撲からの膝をもらい放す。加藤タックル。上田ギロチンで引き込んだが外れた。ゴング。

判定三者加藤。

2R。組んでケージに押し込みクラッチした加藤だが、上田スタンドでアームロック狙い。上田足関!膝十字。極まりかけていたが少し抜けていてアンクルに切り替えた上田。体制を変えてまたアンクル。浅い。膝十字に切り替えたが加藤パウンドで抵抗。強いパウンドが入り上田放して立つ。加藤がスタンドで出ていく。上田ちょっと疲れたか。しかし加藤も打ちに行かず、お見合いが続く。加藤ロー一発。もう一発。それだけでゴング。

判定三者加藤。

3R。跡がない上田だが、疲れたのか、スタミナ回復を図っているのか、手を出さず距離を取る。加藤もじわじわ出るだけで手が出ない。右を一発入れた上田。また右を出すが空振り。フィニッシュするしかない上田だが様子を見ている。加藤は下がって距離を取る。もう逃げ切りか。詰めた上田がワンツー。ケージを背負った加藤にパンチを打ち込む。顎にヒット、加藤距離を取り逃げようとするが追いかける上田。クリンチで凌ぐ。放した。上田。パンチで攻める。もうらっている加藤だが残り10秒でボディロックからテイクダウン。タイムアップ。

三者29-28で加藤勝利。

PANCRASE : NEO BLOOD!:第16試合・佐々木亮太 vs. 今井健斗

ワンマッチフライ級。

佐々木タックル。倒されまいとこらえた今井だが、佐々木は引き込んで下に。パスした今井。バックに着いた。正対した佐々木。今井はパスしてサイドに出る。今井持ち上げて頭から落とす。もう一発。バックマウントについた今井はチョーク。四の字バックで佐々木の腕も巻き込んでチョーク。しかし決まらず。

1R三者今井。

2R。佐々木タックル。がぶった。がぶられた佐々木は巻き込んで返そうとしたが、今井こらえてマウントに。バックに回る。しかし佐々木上を取ってパウンド。袈裟固めに。ネックロック気味に絞める。そしてVクロスアームロック。タップアウト!

佐々木逆転勝ち。

PANCRASE : NEO BLOOD!:第15試合・赤崎清志朗 vs. 陸虎

ワンマッチ・フライ級5分3R。

18歳の陸虎とキャリア10年の赤崎。両者パンチの打ち合い。右をもらった陸虎だが逆に出てパンチを打ち込むと組んでテイクダウン狙い。テイクダウンしてバックを狙うが、両足フックを許さず立った赤崎。離れる。赤崎出ていくがタックル。テイクダウン。サイド。しかし立ち上がった陸虎。四つからボディロックしてテイクダウン狙い。ケージでこらえる陸虎だが赤崎の肘が入りダウン!パウンド連打。立った陸虎。しかし赤崎首相撲からの膝連打。さらに右を打ち込み陸虎ダウン!KO!

赤崎TKO勝ち。

PANCRASE : NEO BLOOD!:第14試合・木村裕斗 vs. 春川広明

ライト級一回戦。2年前に対戦し木村が勝利した試合の再戦となる。

組んだ木村がボディロック。首を抱えた春川だが倒される。バックからパンチを入れる木村。春川立ってスタンドバック。投げて膝をつかせるとまたパウンド。足を一本絡めてハーフバック。そこから殴っていく。ほぼマウントの体勢からマウント。木村仰向けでバックマウント。足のロックが外れたがバックから殴っていく木村。

1R三者木村。

2R。すぐ組みに行く木村。シングルレッグ。テイクダウンしすぐバック。体を伸ばしてパウンド連打。動けず打たれる春川を見てレフェリー止めた。

木村がKOで返り討ち。

PANCRASE : NEO BLOOD!:第13試合・芳賀ビラル海 vs. 西尾真輔

ライト級一回戦。

ローを蹴る芳賀。ワンツー。パンチで出る。西尾タックルに行くが切られた。西尾が右を入れるが芳賀も打ち返す。プレスする芳賀。ジャブがヒット。ガードを下げて構える芳賀。左右の連打。残り1分。西尾はロー。芳賀の蹴りをキャッチした西尾だがゴング。

1R三者芳賀。

2R。パンチの打ち合いで相打ちになる。一瞬ぐらついた芳賀。西尾は鼻血。右を入れて組もうとした西尾だが引き剥がす芳賀。西尾の左が入り芳賀ダウン!パンチラッシュ!芳賀ふらついている。西尾顔面を血に染めながら追い打ちのパンチ連打。しかし芳賀のパンチもヒットし動きが止まった。が、西尾のパンチで芳賀ダウン!レフェリーストップ!

西尾激勝。

PANCRASE : NEO BLOOD!:第12試合・石田陸也 vs. 大森光

フェザー級一回戦。

蹴りからもつれて下になった石田。大森強いパウンド。顔面にもらって背を向けた石田からバックマウント。チョークを狙う。正対しようとする大森からマウントへ。がぶった体勢からアナコンダ。足が絡めば決まりそうだが絡ませない石田。外れた。しかし大森すぐにパウンド連打。立った石田。投げの打ち合い。下になった石田が三角!マウント三角に。下になって絞める。タップアウト!

石田逆転勝ち!

PANCRASE : NEO BLOOD!:第11試合・糸川義人 vs. FUMA

フェザー級一回戦。

19歳で昨年マーシャルワールドジャパン杯3位となりこれがプロデビュー戦の糸川。FUMAは35歳でMMA2勝2敗。柔道・空手・プロレスがバックボーン。

FUMA組むと首相撲から膝。糸川顔面に膝を入れて離れた。ミドルを入れた糸川。また首相撲から膝。FUMAが組んでバックに回りテイクダウンを狙ったが、倒され際に反転して上になった糸川。ガードのFUMAに肘連打。FUMA腕十字を狙うが糸川ディフェンス。また肘連打。強烈なパウンド。ガードから腕十字を狙っているFUMA。肘でFUMAカット。ゴング。

1R終了後、FUMAにはドクターチェックが入る。レフェリーストップ。

糸川がカットによるTKO勝ち。

PANCRASE : NEO BLOOD!:第10試合・藤波勇飛 vs. 水杉泰誠

フェザー級一回戦。

前日計量に遅刻して説教されたレスリングベースの藤波。昨年のマーシャルワールドジャパン杯準優勝の水杉とともにプロデビュー戦。

パンチがヒットし崩れた水杉。しかしすぐ立つ。藤波テイクダウン。インサイドから強いパウンドを打ち込む。亀になった水杉。立とうとしたがまた寝かせる藤波。ガードの藤波にパウンドを打ち込んでいく。ケージを使って立つが、すぐに投げてテイクダウンする藤波。ゴング。

1R藤波。

2R。藤波すぐにテイクダウン。水杉ガードで凌ぐが肘を入れる藤波。パウンド。下からホールドするので精一杯の水杉。体を起こして強いパウンド連打。その好きに起き上がろうとしたがすぐ押さえられる。バックに回った藤波。ゴング。

2R藤波。

3Rも藤波がテイクダウンから削り続ける展開。残りわずかでサイドに出てパウンドを打ち込む。タイムアップ。

判定3-0で藤波勝利。