格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

修斗210920:メインイベント・川名TENCHO雄生・西川大和

ライト級タイトルマッチ5分5R。

四つに組んだ川名が足払いでテイクダウン。西川のガード。腕を掴んで防ぎ、すきを見て下から蹴りを入れる西川。頭をケージに押し付けようとする川名だが西川立った。川名シングルレッグへ。川名尻クラッチからテイクダウンするが、寝かされる前に立つ西川。川名がケージに押し込むが、西川さかんに足を蹴る。川名今度は足へのタックルへ。ブラウン肘を入れる西川。西川また足払いで倒した。また下から殴る西川。草刈りから立つ。また押し込む川名だが、そこから膝・蹴りを出していく西川。川名ボディロックからテイクダウンするがホーン。

2R。パンチ・肘を出していく西川だが、川名がプレスしていく。組んで大外刈りを狙った西川。川名が逆に足払いで倒すがすぐ立つ西川。また川名が押し込む体勢に。引き剥がした西川。パンチで出る。ワンツーを入れた。パンチの打ち合い。西川バックブロー。手数は西川。パンチから膝。川名が間合いを詰めるが西川首相撲。足払いでこかしたが西川はすぐ立つ。西川のあwんつーが入る。川名下がらないが消耗があるか。攻撃が止まらない西川。パンチから首相撲。川名のパンチも入っているが西川のパンチから膝をもらい川名効いた。が、西川のタックルは切られる。がぶる川名。西川立った。ホーン。

3R。休まない西川。打撃の手数が多い。川名前に出ていく。西川組んでいくが、川名四つからテイクダウン。ガードの西川にパウンド。西川は下から殴っていく。三角は外して立つ。すぐまたガードに入る。下の西川の方が手数が多い。また草刈りを狙う西川だが足を引いてかわす。上下でパンチの打ち合い。上をキープしつづける川名。下からのパンチでどこまで効いてるかわからないが、川名かまわずパウンドを入れ続ける。残り10秒で立った西川。ホーン。

西川、下からの打撃がどこまで効いているかはわからないが、少なくとも攻撃が防御になっている。が、川名のパンチももらっている。

4R。ローを蹴っていく西川だが川名出ていく。連打を打ち込む西川。川名のワンツーも入る。川名組み付くとまたテイクダウン。パウンド。西川下からのパンチがない。立ち上がって強いパウンド。頭の向きをケージからケージ中央に向けた西川はまた下から殴っていくが、川名がまたケージに向けていく。西川三角。しかし立って外した川名。西川また下からパウンド。川名の鼻血のドクターチェック。また同じ体勢から再開。川名パウンド。川名密着して押さえ込むが、西川は下から攻撃を入れ続ける。川名は上から押さえているだけ。ホーン。

5R。開始前にまた川名のドクターチェック。顔面のパンチでの腫れが酷いが、出血は止まっている。再開。川名タックル。テイクダウン。が、倒された瞬間にガードに入れて下から殴る。肘。三度ドクターチェック。レフェリー止めた。

最後は川名続行不能でドクターストップ。18歳西川が新王者に。

下になっても打撃で攻める西川のスタイルに正面から付き合った川名だったが、西川のスタイルを崩すことはできず。上下で打ち合っている中で、西川が下からでも効かせるパンチを打ち込んでいた。川名もその攻防を避けることなく、三角も対処していたが、顔面のダメージは確実に川名が受けていた。西川初の5Rだったが最後まで休まず攻め続けた。

勝った西川はONE出場を要望。海外の強豪相手にこのスタイルがどこまで通用するか興味深い。来年からは練習拠点を海外に移したいとのこと。また、契約がどうなるかわからないがRIZINにも出てライト級全制覇したい、武田選手や矢地選手と対戦したいともコメント。

修斗210920:セミファイナル・安藤達也 vs. 石井逸人

環太平洋バンタム級タイトルマッチ5分3R。

両者ぶつかって安藤が上になり袈裟固め。しかし首を抜かれてバックに回られる。石井チョーク。安藤背負って立った。四の字バックから腕を掴む。降りた石井がタックル。テイクダウン。すぐケージで立つ安藤。ボディロックからテイクダウンを狙うが、安藤が投げをすかすと両足フックしバックマウント。顎の上からチョーク。しかし外れた。四の字バックにしてパウンド。今度は石井が背負って立つが、また倒れてバックマウント。石井反転してタックルへ。安藤こらえて肘。ホーン。

2R。安藤のパンチが入りダウン気味にふっとばされる石井。タックルでしのごうとしたが安藤切ってバックからパウンド。が、パウンドが後頭部ということでレフェリーが止める。チャンスを不意にした安藤。石井は休める。再開。安藤プレスしていく。大振りの右を振るう石井。パンチを貰いふらついた安藤。石井が左右のフックで出るがタックルでテイクダウン。また袈裟固め。また足を絡まれるが、体勢を変えてハーフで押さえ込み直す。ガードに戻す安藤。石井下から腕十字。引き抜いた安藤がまたバックからパウンド。石井シングルレッグをしかけるが亀に。安藤バックマウントからチョークを狙う肩固めに移行。じわじわ絞めて石井落ちた!

修斗210920:第6試合・後藤丈治 vs. 石橋佳大

バンタム級5分3R。

石橋がプレスしていく。タックルでテイクダウンしたが後藤すぐ立つ。しかしまたテイクダウン。寝かせた。ガードを取る後藤。だが上半身を起こしてケージで立つと逆にハーフバックに回る。しかし上を取り返した石橋。後藤立つがテイクダウンするとマウントに。ハーフまで戻した後藤、フルガードに戻す。石橋インサイドからパウンド。ホーン。

2R。打撃で出る後藤。左がヒット。ケージ際まで詰めたが石橋のタックル。切れない。スタンドでバックについてテイクダウンスクランブルで抜けようとしたが足を離さない石橋。後藤バックマウントを狙ったが、取れずに下に。しかし後藤またすくらんぶるで上になった。ディープハーフからスイープした石橋。マウントを狙う。後藤下から足を絡めて横三角を仕掛けたが外れて下に。石橋バックマウント。パウンドを入れる。体を伸ばしてチョーク。しかし後藤反転して上に。残り1分。インサイドからパウンド。肘。石橋も下から殴り返す。ホーン。

3R。出てきた石橋に左を入れた後藤。タックル。切られて引き込む石橋だが後藤離れて付き合わない。後藤左ボディ。石橋ややスピードがなくタックルを切られる。石橋シングルレッグ。切りきれず倒される後藤。すぐ立つが石橋テイクダウンしハーフバック。正対した後藤が抜けて立った。亀の石橋から逆にバック。が、タックルで上を取り返した石橋。後藤スクランブルから石橋の腹を蹴って立った。しかし石橋すぐタックル。足を掴まれた後藤、リバースクルスフィックスへ。そこから肘。が、腕が外れて石橋が上を取った。残り1分。石橋密着したまま細かいパウンド。タイムアップ。

29-28後藤、29-28石橋、29-28石橋。スプリットで石橋勝利。

修斗210920:第5試合・椿飛鳥 vs. 岩本健汰

ライト級5分2R。

ステップし距離を取りながら打撃を入れる椿。岩本も打撃を出していく。タックルでシングルレッグ。ケージで耐えていた椿だがテイクダウン。ハーフで固める。足を抜いてパス。サイドからパウンドを入れる岩本。肩固めをセット。そこから四の字バックにしてチョーク。体を伸ばして絞める。椿落ちた!

岩本MMAデビュー戦で一本勝ち。

修斗210920:第4試合・ヨシ・イノウエ vs. 宇佐美 正 パトリック

ライト級5分2R。

ジャブを入れるパトリック。前蹴り。組んだイノウエだが入れ替えてケージ押し込み肘。さらに組み付くイノウエに膝。パトリックカーフキック。左右のパンチがヒット。イノウエのタックルは切る。パンチで出るパトリックにイノウエタックル。ケージでこらえるパトリックを尻クラッチしてテイクダウン。パトリックはクローズドガード。クローズドを外して立ちに行くパトリックだがイノウエ上から押さえつけてパウンド。上半身を起こすパトリックから一本足を超えたが、パトリック脇を差して立った。左が入りイノウエ効いた。パトリックが間合いを詰めてイノウエのタックルにカウンターのアッパー。ヒットししゃがみ込むイノウエ。亀のイノウエにパウンドを打ち込みレフェリーストップ。

修斗210920:第3試合・江藤公洋 vs. グンター・カルンダ

75kg契約5分3R。

江藤ローからタックルへ。テイクダウンするとすぐにサイドに出た。ブリッジして立ったカルンダ。膝を入れたカルンダに江藤がタックル。テイクダウン。ハーフで押さえ込む。キープしつつ細かいパウンドを入れる。残り50秒でマウントに。すぐにハーフに戻したカルンダ。フルマウントになったがカルンダが下からホールドしてホーン。

2R。打撃で出たカルンダだが江藤タックルからテイクダウン。ハーフだが上体を固めて押さえ込む。肘。ハーフの足が外れて江藤アナコンダへ。そこからマウントを狙ったがワンハンドでのチョークの体勢。カルンダ亀になり江藤がバックマウントを狙う。江藤の腕を掴んでチョークを防ぐカルンダ。ハーフバックの体勢。残り1分。両者動けない。ホーン。

3R。パンチで出るカルンダ。アッパーがヒット。江藤下がる。タックルに入ったが切ったカルンダ。踏み込んで左。カルンダのパンチの打ち終わりにタックルを狙ったがスピードがなく入りきれず。が、カルンダのワンツーに合わせてタックルでテイクダウン。ケージ際で立とうとするカルンダからハーフバック。立ち膝の体勢でバックからパンチを入れる。江藤バックについて仰向けの体勢に。両足をフックしバックマウント。残り10秒でマウントに移行。タイムアップ。

30-27×2、30-26の3-0で江藤勝利。

修斗210920:第2試合・岩﨑大河 vs. 今市凌太

ミドル級5分2R。

打撃戦から組んでクラッチした岩﨑。投げ狙いから逆方向に振ってテイクダウン。すぐに四の字バックへ。岩﨑の四の字バックの足を自分の足で挟んでアンクルロックを狙う今市だが外れる。うつ伏せにした岩﨑がパウンド。今市反転しようとするが回りきれずパウンド連打をもらい続ける。ディフェンスできない状態となりレフェリー止めた。

修斗210920:第1試合・内田タケル vs. 大竹陽

フライ級5分2R。

内田タックル。ダブルレッグでテイクダウン。サイドからマウントを狙ったがハーフに。ハーフから首をギロチンに抱える内田。腕を外した大竹だがその瞬間にバックについた内田。バックマウントからチョーク。タップアウト。

RIZIN.30:メインイベント・朝倉海 vs. アラン“ヒロ”ヤマニハ

バンタム級GP準々決勝。

プレスする朝倉。ワンツー。ヤマニハ圧をかけられロープまで下がる。パンチを打ち込んでいく朝倉。左ボディ。ヤマニハシングルレッグ。切った。すぐに距離を詰めコーナーに追い込みパンチを打ち込む。サークリングするがまたコーナーに詰められる。左ボディ。ヤマニハも打ち返している。ミドルがヒット。ヤマニハ効いたか。タックルで凌ごうとするヤマニハだが切った朝倉。明らかに腹を嫌がっているヤマニハ。コーナーを背負う。しかしパンチで攻めたところでヤマニハの左をもらい一旦下がる。朝倉また出た。左ボディ。右ボディ。さらに右が入り膝をついたヤマニハ。パウンドに来た朝倉にラバーガード。しかし腕を引き抜いて立った朝倉。立てとアピール。スタンドへ。ヤマニハパンチで出るが威力が落ちている。が、右がヒット。また距離を取る朝倉。ボディを入れるヤマニハ。ゴング。

ヤマニハかなりピンチだったが、危ないところでパンチを打ち返してなんとかしのいだ。

2R。朝倉カーフキック。ヤマニハのローブローがありタイムストップ。再開。明らかにボディを警戒しているヤマニハ。ヤマニハが出る。パンチから四つに組んだ。ボディロックからサバ折りでテイクダウン。座った朝倉にパンチを入れるヤマニハ。しかし朝倉コーナーを使って立った。離れる。朝倉パンチで出る。コーナーに詰めた。しかし仕留めに行くとヤマニハがパンチを打ち返し凌ぐ。朝倉左ボディ。が、ヤマニハの左がヒット。出ていくヤマニハ。朝倉のパンチを貰ったが組んだ。ボディロックからスタンドでバックに回る。コーナーを背負ってテイクダウンを防ぐ朝倉。残り30秒。バックからパンチを入れるヤマニハ。ゴング。

朝倉のボディで割と露骨に効いた様子を見せるヤマニハだが、そこから打ち返して一方的にはさせない。

3R。また左ボディを入れた朝倉。効いてないアピールをして両手を後ろに回すヤマニハ。ヤマニハワンツー。右を入れた朝倉だがヤマニハ左を返す。朝倉カーフ。ヤマニハ虚を突いてタックル!持ち上げて投げた。すぐ立った朝倉だがスタンドでバックを取るヤマニハ。後方に倒れ込んだが朝倉すぐ立つ。コーナーで正対。引き剥がす。朝倉出ていく。朝倉また左ボディ。が、ヤマニハ打ち返す。残り1分。ボディを打つ朝倉。下がるヤマニハだがワンツーがヒット。しかし下がらない朝倉。朝倉飛び膝。タイムアップ。

判定3-0で朝倉勝利。

果敢に攻めて仕留めに行くところでヤマニハのパンチを貰い、倒しきれなかったが、組まれてもしっかり対処。ヤマニハが健闘したものの朝倉の完勝といった内容。

RIZIN.30:セミファイナル・井上直樹 vs. 金太郎

バンタム級GP準々決勝。

井上距離を詰める。金太郎がパンチを返すがバックステップでかわした。井上カーフキック、ジャブ。右ミドル。右ハイ。金太郎左ミドルはヒット。ジャブを入れる井上。金太郎のミドルをキャッチして逆にミドルを入れた井上。ロープに詰められている金太郎。金太郎から手を出すと井上がすぐ距離を取ってかわされる。井上カーフキック。関節蹴り。金太郎のミドルにカーフを合わせた井上。ぐらついた金太郎。ゴング。

2R。インロー、カーフキックを入れていく井上。金太郎ほぼカットしていない。パンチで出たが距離を取られる。若干足を引きずっている金太郎。ジャブを刺す。カーフキックにパンチを合わせた金太郎だがさらにまたカーフを入れた井上。金太郎出てきた。またカーフ。井上距離を取りジャブ。かなりカーフを蹴られている金太郎。残り1分。井上はジャブ、カーフのみで攻めている。金太郎左ミドルがヒット。ゴング。

3R。距離を詰めてパンチを振るっていく金太郎だが井上もらわずかわす。しかし金太郎がプレスする展開。ボディを入れる金太郎。またボディ。右ボディ。ロープに詰めてパンチがヒット。井上もらって鼻血。しかしまたカーフを入れる井上。明らかに効いたか。ボディを打ち込む井上だがまたカーフキック。金太郎距離を詰めてパンチを打ち込むがかわされた。カーフを蹴られまくる金太郎だがそれでも出る。パンチを出す金太郎。ブロックの上から打ち込む。タイムアップ。

判定3-0で井上勝利。

3Rに金太郎が盛り返したが、ボディ以外はブロック・ヘッドムーブであまりもらっていなかった。

RIZIN.30:第8試合・扇久保博正 vs. 大塚隆史

バンタム級GP準々決勝。

間合いを詰めた扇久保がパンチの4連打をボディ・顔面に打ち込む。大塚も右を入れた。効いたか?大塚がパンチを入れると扇久保足を止めて打ち合う。大塚出ない。逆に扇久保が出ていく。大塚のローに合わせて組み付いた。膝を入れ離れる。プレスした扇久保。ハイからパンチを打ち込むが、打ち終わりに大塚の左がヒット。しかし下がらずプレスする扇久保。サークリングする大塚。ゴング。

大塚もいいパンチがヒットした場面があったのだがそこから出られなかった。扇久保は常にプレスしている。

2R。ローの蹴り合い。間合いがつまりパンチが交錯。扇久保クリンチしてロープに押し込む。ブレイク。四つから扇久保がクリンチアッパー。右ボディから左フック。またプレスする扇久保。大塚また手が出なくなった。残り30秒。両者フェイントの掛け合い。ゴング。

2Rまで大きな展開なし。

3R。扇久保左右のハイ。カーフキック。足が流れた大塚。またカーフキック。扇久保のアイポークがありタイムストップ。再開。距離を詰めて左右のフックを入れる扇久保。大塚の右がヒットしたが扇久保も前に出て連打を打ち込む。扇久保の右フックがヒット。少し効いた。しかし扇久保が出たところに大塚タックルでテイクダウン。密着したまま鉄槌を入れる大塚だが、扇久保足で腰を蹴って距離を作り立った。コーナーに押し込む扇久保。残り1分。扇久保の連打がヒット。大塚出ない。扇久保が連打を入れる。両者パンチを入れる。ゴング。両者手を上げて勝利アピール。

判定3-0で扇久保勝利。

RIZIN.30:第7試合・元谷友貴 vs. 瀧澤謙太

バンタム級GP準々決勝。

バックスピンキックで牽制した瀧澤。元谷フットワークで様子を見る。パンチで出た。タックルは瀧澤が受け止める。ミドルを入れる瀧澤。ロー。元谷プレスする。首相撲。瀧澤が引き剥がすと左が顎に入り元谷ダウン!パウンド。元谷立ったがコーナーで打たれる。背中を向けた元谷にパンチを打ち込む瀧澤!ロープの間から外に出た元谷を見てレフェリー止めた!

「俺がこのトーナメントのダークホースだ!」マイクでシャウトする瀧澤。