格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

Bellator258:メインイベントフアン・アルチュレタ vs. セルジオ・ペティス

バンタム級タイトルマッチ。

昨年9月のパトリック・ミックスとの王座決定戦で勝利してタイトルを獲得したアルチュレタ。Bellator7勝1敗で、敗れた相手は階級上のフェザー級トーナメントで王者パトリシオ・フレイレに判定負けした1戦のみ。

UFCライト級王者アンソニーの弟セルジオは、鳴り物入りUFCデビューしたが、主戦場としていたフライ級ではランキング1位になったものの、バンタム級ではランキングに入れず。UFCとの契約を満了しFAとなると、昨年からBellatorに参戦。初戦は格下相手にチョークで一本勝ち、2戦目はリッキー・バンデハスに判定勝ち。

プレスしてくるペティスだが、アルチュレタはサークリングしジャブを入れていく。アルチュレタタックル。ケージで耐えるペティス。シングルレッグ。ペティスブラウン肘。振りほどいて離れた。またプレスするペティス。両者のパンチが交錯するが、圧を掛けているのはペティス。アルチュレタが出てくるところにパンチを合わせる。タックルに来たアルチュレタに右ハイを合わせたペティス。そのままタックルに入るアルチュレタ。テイクダウンするが、ペティスすぐに巴でスイープ。上になったところでゴング。

1Rペティス。

2R。間合いを詰めて連打を入れたアルチュレタ。ペティスまた圧をかけ、アルチュレタはケージ際を左右にステップする。アルチュレタ低空タックル。テイクダウン。ペティスバックを取らせて立つと正対し離れた。またスタンドで圧をかけるペティス。左ミドル。アルチュレタ飛び込んで左。ジャブを入れたペティス。アルチュレタ右ボディ。前に出てきたがペティスが右を合わせていく。残り1分。また残りわずかでアルチュレタがタックルに入ったがゴング。

2Rペティス。

3R。連打で出るアルチュレタだが、打ち終わりにペティスの右がヒット。このラウンドは前に出ていくアルチュレタ。ペティスの前蹴りがアゴにヒット。しかし下がらない。アルチュレタまたタックル。スタンドでバックに回るが、ペティスケージ際で正対。離れた。終了間際にスピンキックのフェイントを見せるペティス。ゴング。

3Rややペティスか?

4R。後半に強いアルチュレタがギアを上げてきた。タックルでボディロック。差し返そうとしたペティスだがその瞬間に倒される。しかしすぐに立った。離れる。パンチを打ち込むアルチュレタだがペティスの右がヒット。ペティスが逆にタックルに入るが倒せず。ペティスの左右のパンチがヒット。アルチュレタのアッパーに右フックを合わせたペティス。アルチュレタ手数を増やして出るが、ペティスも打ち合いに応じている。ペティス右ハイ。センチャイキック。アルチュレタ飛び込んでいくがゴング。

4Rも僅差だがややペティス。マッカーシーのジャッジでは3Rのみアルチュレタであとはペティス。

5R。アルチュレタタックル。スタンドでバックに付いたがペティス引き剥がす。踏み込んできたアルチュレタにワンツーを打ち込むペティス。また飛び込んでくるが左フックがヒット。飛び込んでいくアルチュレタだが、打ち終わりに必ずペティスのパンチが非アイル。アルチュレタシングルレッグ。ペティスギロチンに抱えたが、アルチュレタは担ぎ上げてテイクダウン。上四方で抑えるアルチュレタ。ペティスバックを取らせて立ったが、アルチュレタなおもテイクダウンを狙う。残り10秒。タイムアップ。

50-45、49-46×2の3-0でペティスが新王者に。メジャーイベントで初戴冠。