格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

UFC on ESPN+73:第6試合・ジェニファー・マイア vs. マリナ・モロズ

女子フライ級。マイア8位、モロズ15位。

ちょうど2年前にシェフチェンコのタイトルに挑戦し完敗したマイア。その後ジェシカ・アイには勝利したが、そこからチューケイギアンとマノン・フィオロに連敗中で、UFC戦績も4勝5敗と負け越しに。ランキングも3位から8位まで後退した。ブラジル・クリチバ出身でシュートボクセ所属。柔術ムエタイはともに黒帯。

ウクライナ女子初のUFCファイター・モロズはストロー級で3勝3敗だったが、フライ級に上げてから3連勝中。ビザの問題で試合が出来ない期間があり、3月の試合が2年ぶりの試合となったが、マリア・アガポアをテイクダウンで圧倒し、最後は肩固めで完勝。ランカーとの対戦経験はないが、ランキング入りしている。

打撃戦。ワンツーを入れたマイア。モロズも顔面にパンチをヒット。四つに組んだ両者。マイアがケージに押し込んだ。テイクダウン狙いをこらえるモロズ。ボディロックからテイクダウン狙い。マットに指先をつくモロズだが、マイアが顔面に膝。ホーン。

1Rマイア。

2R。詰めてパンチを打ち込むモロズ。手数を増やしてきた。マイアも間合いに入ってくるモロズに連打を返す。ほぼパンチのみでの打ち合いが続くが、ややモロズがてk図でリードしてきた。残り1分。右をヒットさせたマイアに右を返すモロズ。さらにワンツーもヒット。打ち合いの最後に必ずパンチを出しているモロズ。ホーン。

2Rはモロズ。

3R。なおも打撃戦が続く。モロズの右がヒットしぐらついたマイア。このラウンドも打ち合いの最後は必ずモロズが手を出している。両者手を止めないまま残り1分。マイアがケージに押し込むが逃れたモロズ。最後まで打ち合いでタイムアップ。

30-27、29-28×2の3-0でマイア勝利。

1Rと3Rは手数で上回ったのはマイア。2Rは手数ではモロズだったが、三者ともマイアに入れている。2者モロズに入れたのは3R。