格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

UFC on ESPN34:オッズ/予想と展望

ヴィセンテ・ルケ 1.59
ベラル・ムハマド 2.50
カイオ・ボハーリョ 2.10
ガジ・オマルガジエフ 1.77
ミゲル・バエザ 1.56
アンドレ・フィアリョ 2.55
マイラ・ブエノ・シウバ 1.20
ウー・ヤナン 4.60
パット・サバティニ 1.20
TJ・ララミー 4.60
ムニール・ラズィーズ 1.51
アンジュ・ルーサ 2.65
デビン・クラーク 1.59
ウィリアム・ナイト 2.50
リナ・ランズバーグ 4.00
パニー・キアンザド 1.25
ドラッカー・クロース 7.00
ブランドン・ジェンキンス 5.35
ラファ・ガルシア 1.87
ジェシー・ロンソン 1.95
クリス・バーネット 2.95
マルティン・ブダイ 1.42
ジョーダン・レビット 2.20
トレイ・オグデン 1.71
イステラ・ヌネス 1.44
サム・ヒューズ 2.85
アラテン・ヘイリ 1.56
ケビン・クルーム 2.55

メインはウェルター級5位ルケ・6位ムハマドの対戦。ルケはUFC14勝3敗、ムハマドはUFC11勝3敗1NCとともにハイアベレージだが、なかなか上位との対戦が組まれなかった者同士。

ルケは6連勝の後にスティーブン・トンプソンに完敗したが、そこからまた4連勝。特筆すべきはその間の10勝で判定が1試合しかないこと。倒せる打撃と得意のダースチョークを武器にフィニッシュの山を築いている。その割になかなかチャンスが与えられず、トンプソン戦以外はすべてノーランカーとの試合だったが、昨年3月に元王者のタイロン・ウッドリー、8月にはランキング5位のマイケル・キエサと組まれていずれも1Rダースチョークで勝利。ランキングを4位まで上げた。これが初メイン。

ムハマドもUFC3戦目でルケにKO負けした後に4連勝、ジェフ・ニールに判定負けしてからは6勝0敗1NCと好成績。6勝の中には佐藤天に完勝した試合も含まれているが、この10勝のうちフィニッシュしたのは佐藤戦のみで、あとはすべて判定と、ルケとは対照的。なかなかチャンスが与えられないのも当然で、昨年3月に初メインで初めてランカーのレオン・エドワーズと組まれたものの、エドワーズから2Rにアイポークをもらってノーコンテストになっている。その後はレジェンドのデミアン・マイアに勝利、昨年12月にランキング5位でルケに勝っているスティーブン・トンプソンと対戦し、7回のテイクダウンを奪って完勝した。

両者の1度目の対戦は6年前の11月。ルケはUFCデビュー戦で負けてから3連勝、ムハマドは同じくUFCデビュー戦で負けて、次戦で勝ってからの3戦目での対戦で、序盤にルケのパンチが入ってダウンを奪ってからのパウンド連打により、わずか79秒でルケが勝利している。これがムハマドのキャリア唯一のKO負け。その後も変わらず倒し続けているルケと、より固く堅実になったムハマドが再度戦う。

ムハマドはルケを破ったトンプソンに勝っているが、このところのトンプソンはかつての勢いがなくなってきている。ノーコンテストで終わったエドワーズ戦も、1Rは打撃をもらってぐらつく場面があった。

ルケが打撃で押す展開から最後はダースチョークで勝利と予想。

セミは2人ともコンテンダーシリーズで勝ってからのUFCデビュー戦対決。特にボハーリョは昨年9月にコンテンダーシリーズで判定勝ちしたものの契約できず、3週間後のコンテンダーシリーズで再度試合が組まれ、1RKO勝ちでようやく契約を決めた。それまでの実績はブラジルローカルのみ。ロシアのオマルガジエフは13戦全勝で、8KO・3一本勝ちとフィニッシュ率が高い。ボハーリョ勝利の翌週のコンテンダーシリーズで1R膝十字で勝利してUFCとの契約を一発で決めた。

未知なる者同士の試合が第1試合ではなくセミで。それだけ期待されている者同士ということか。

プレリムでは元IGFの人気ファイター・クリス・バーネットのUFC3戦目が組まれている。急遽決まったUFCデビュー戦ではベン・ロズウェル相手にあっさり一本負けしたが、前戦はジャン・ヴィランテ相手に体型からは予想もできないバックスピンハイキックでダウンを奪ってのKO勝利。今回の相手は昨年コンテンダーシリーズで勝ってUFCデビュー戦となるスロバキアのブダイ。オッズではアンダードッグだが、下馬評を覆せるか。

第1試合開始は17日朝6時半、メインカードも中途半端な開始時間で9時半から。遅くとも午後1時には終わる見込みで、同日のRIZIN.35とはバッティングする心配はない。速報します。