格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

UFC on ESPN20:メインイベント・マイケル・キエサ vs. ニール・マグニー

ウェルター級5分5R。キエサ8位、マグニー9位。

長い手足を活かしたグラップリング、特に絞め技が武器のキエサ。ライト級時代は無理な減量をしていたが、ウェルター級に上げてからここまで3連勝中。初戦のコンディットは当時連敗中、2・3戦目のサンチェスとRDAは元ライト級で、体格で上回る相手との対戦経験は少ない。今回は身長で6cm、リーチで11cm上回るマグニーとの対戦。

マグニーは2019年に汚染されたサプリメント起因の出場停止があり、その間にランク外へ落ちたが、昨年3連勝し、前回は元王者のロビー・ローラーに勝利し再びランクイン。長いリーチを武器に、打撃・グラップリングともにハイレベルなものを持っているが、どちらかと言えばストライカー。RDA、デミアン・マイアセルジオ・モラエスには一本負けしており、トップグラップラー相手にはやや分が悪いか(ただし、柔術の帯はキエサが紫帯、マグニーは茶帯でマグニーが上)。

ジャブ、ワンツーを入れたマグニー。キエサ飛び込んで組み付こうとする。引き剥がしたマグニー。離れる。ジャブで出るマグニー。キエサが距離を詰めてきた。マグニーのミドルがヒット。タイミング良く前に出たキエサが四つに組んでクラッチすることに成功。すかさず投げてテイクダウン。ハーフ。絡まれている足を抜きにかかるキエサ。残り1分。こつこつ殴りながらハーフの足を抜こうとするが時間がない。残り1秒で足が抜けてマウント。ホーン。

1Rはキエサ。グラウンドの実力差はけっこうありそう。

2R。また組み付くことに成功したキエサ。クラッチクラッチを切られたが、ケージに押し込む。テイクダウン。担ぎパス。パスしたがマグニー立つ。しかしキエサ離さず。マグニーが投げようとしたが潰されまた下に。ハーフでガッチリ押さえるキエサ。肘。残り1分。マグニー逃げられない。ガードに戻したマグニーだが肘をもらう。ホーン。

2Rキエサ。

3R。マグニーがパンチで出ると逆に組み付いてボディロック。投げてテイクダウン。片足を絡めてハーフバックから殴るが、キエサ立った。正対。離れる。マグニーがパンチで出ると後退するキエサ。ボディに前蹴り。しかしキエサもパンチで出る。ケージまで下がらせたところでタックル。脇をくぐってバックに回りテイクダウンを狙う。小股掬いでテイクダウン。倒れたところで足関を仕掛けるマグニーだがマウントへ。残り1分。立とうとしたマグニーにギロチン。マグニー自ら倒れ込み下になることで外す。ハーフで下から殴るマグニー。ホーン。

3Rキエサ。

4R。タイミング良く組み付いたキエサがテイクダウン。インサイドから強いパウンド・肘を打ち込んでいく。ガードからハーフに。マグニーが立とうとした瞬間にバクマウント。反転しようとしたマグニーだがキエサついていく。しかし立たれると一度は背中に乗ったが下に降りる。離れてパンチを打ち込んだマグニー。キエサタックル。マグニー後ろ三角の体勢。外れた。ホーン。

4Rキエサ。

5R。間合いを詰めてくるマグニーだがキエサはサークリング。近寄らせない。突然前に出てパンチをヒットさせたキエサ。追いかけていくマグニー。出てきたところでタックルで組み付きバックに回るキエサ。マグニー逆にバックに回るとテイクダウン。残りわずかでマウント。タイムアップ。

三者49-46でキエサがウェルター級4連勝。