格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

UFC279:第6試合・デニス・トゥルーリン vs. ジェイミー・ピケット

ミドル級。

ロシアのトゥルーリンは昨年3月に代役でUFCデビューしたが、同じくUFCデビュー戦のアリアスカフ・キズリエフにタックルを切られてバックを取られてのチョークで一本負け。良いところを見せられなかった。ローカル戦績10勝5敗で、本来UFCがあまり契約を望まないレコードが汚い選手だが、初戦を見る限り、代役でなければUFCと契約するのは難しかったように見えた。

ピケットはコンテンダーシリーズからUFCと契約し、ここまで2勝3敗。勝った相手もUFC1勝3敗、0勝1敗の選手で、ランク的には下から数えたほうが早いレベル。父が刑務所に入り、母はドラッグ中毒者という破滅的な両親を持ち、祖父母に育てられていた。トラックの運転手から、一攫千金を夢見てUFCと契約したが、ここまで5戦ではボーナス獲得なし。今回やややオッズで優勢。

本来7月に組まれていた試合だがトゥルーリンの負傷により今回に延期となっている。

サイドキックをボディに入れたピケット。詰めるトゥルーリンだが、ピケットが間合いをキープして蹴りをヒットさせる。左ミドル。ピケット一転してタックルで飛び込んだ。ボディロックするが、トゥルーリンオーバーフックして凌ぐ。離れる。パンチで出るトゥルーリンに右を返すピケット。詰めるトゥルーリン。ケージを背負ったピケットに右がヒット。また右をもらったピケット。しかしトゥルーリンのローがもろローブローに。タイムストップ。再開。詰めていくトゥルーリン。ピケットサイドキック、飛び蹴り。またケージに詰めたトゥルーリン。ホーン。

1Rヒット数ではピケットだが、パンチをまとめたトゥルーリンの印象もあり、割れそうなラウンド。

2R。トゥルーリン詰めていく。タックルを見せたピケットだが組ませない。またケージに詰めていくトゥルーリン。パンチ・ミドルを出すピケット。パンチがヒットし一瞬腰が落ちたピケット。タックルでしのごうとしたが、トゥルーリン肘連打を入れる。離れたピケット。またタックルに入ったが切られた。またプレスしてケージを背負わせる。が、トゥルーリンのテンカオがローブローに。タイムストップ。トゥルーリンに1点減点。再開。すぐに詰めたトゥルーリン。パンチがヒット。組もうとするピケットに肘。右がヒット。首図もうからの肘で倒れたピケット。トゥルーリンパウンド。ガードを取って凌ぐピケットだが、割りと簡単に足をサバかれパスされる。立ったピケット。ジャブを入れるが、そこからのタックrうは切られた。また組んだところにトゥルーリン肘。さらに膝をもらうと亀になったピケット。トゥルーリンバックからパウンド。亀のまま打たれるピケットを見てレフェリーストップ!

決して故意ではないと思うが、2度目のローブローで減点されたことで、トゥルーリンはフィニッシュが必要になり流れが変わった。UFC初勝利。

ピケットはトゥルーリンの圧を凌ぎきれず。