格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

2021-01-24から1日間の記事一覧

UFC257:メインイベント・ダスティン・ポイエー vs. コナー・マクレガー

UFC

ライト級5分5R。ポイエー2位、マクレガー4位。 両者フェザー級時代の6年半前に対戦して以来の再戦。その時は1Rでマクレガーの放ったパンチがポイエーの後頭部をかすめるようにヒットし、ダウンした所にパウンドを打ち込んでKOしている。 マクレガーはその後…

UFC257:セミファイナル・ダン・フッカー vs. マイケル・チャンドラー

UFC

ライト級。フッカー6位。初参戦のチャンドラーはランク外。 メインの2人と同じく、フェザー級から上げてきたフッカー。フェザー級時代中堅クラスで勝ったり負けたりだったのが、2017年にライト級に上げてからは7勝2敗。前回は元暫定王者のダスティン・ポイエ…

UFC257:第9試合・ジェシカ・アイ vs. ジョアン・カルダーウッド

UFC

女子フライ級。アイ6位、カルダーウッド7位。 バンタム級では7戦で1勝しかできなかったアイだが、フライ級に落としてから3連勝でシェフチェンコのタイトルに挑戦したものの、2RハイキックでKO負け。再起戦ではヴィヴィアニ・アロージョに判定勝ちしたが5ポン…

UFC257:第7試合・マリーナ・ホドリゲス vs. アマンダ・ヒバス

UFC

女子ストロー級。ホドリゲス8位、ヒバス10位。 24歳から格闘技を初めて28歳にプロデビュー、そこから3年でUFCデビューを決めたホドリゲス。UFCでは2勝1敗2分け。前回は初代女子ストロー級王者カーラ・エスパルザにテイクダウンされる展開で、足関を凌いでの…

UFC257:第8試合・アンドリュー・サンチェス vs. マフムート・ムラドフ

UFC

ミドル級。 TUF23ウィナーのサンチェス。UFC5勝3敗。勝った試合のほとんどはテイクダウンからの塩漬け、負けた試合は漬けきれずに後半スタミナ切れしてのKO負けだが、前戦ではパンチでダウンを奪ってからの鉄槌連打でUFCで初めてのフィニッシュ勝利をしてい…

UFC257:第6試合・アルマン・ツァルキャン vs. マット・フレヴォラ

UFC

ライト級だったがツァルキャンが1ポンドオーバーしキャッチウェイトに。 もともとはフレヴォラ vs. オットマン・アツァイター、ナスラット・ハクパラスト vs. ツァルキャンのカードだったが、計量当日にハクパラストが体調不良で欠場が決定。アツァイターはU…

UFC257:第5試合・ブラッド・タヴァレス vs. アントニオ・カーロス・ジュニオール

UFC

ミドル級。タヴァレス14位。 UFCでのキャリアが10年となるベテランのタヴァレスだがまだ33歳。戦績12勝6敗と、中堅以上の戦績は残している。4連勝でランキングも一時は一桁に入っていたが、2年半前に当時期待の新星だった現王者のアデサニヤと対戦。当時はま…

UFC257:第4試合・ジュリアナ・ペーニャ vs. サラ・マクマン

UFC

女子バンタム級。ペーニャ7位、マクマン9位。 ペーニャはTUF18ウィナー。前戦はランキング1位のジャーメイン・デ・ランダミーとの対戦で、勝てば次期王座挑戦権を手に入れられるところだったが、打撃のデ・ランダミー、寝技のペーニャという展開から、タック…

UFC257:第3試合・カリル・ラウントリーJr. vs. マルチン・プラフニオ

UFC

ライトヘビー級。 ムエタイがバックボーンのラウントリーは、K-1ファイターのグーカン・サキをKOしたことがある。ここまで4勝4敗1NC。ランカークラスには苦戦が続いている。 ポーランドのプラフニオは極真世界大会出場経験があるものの、UFCデビューからは3…

UFC257:第2試合・モフサル・エフエロフ vs. ニック・レンツ

UFC

150ポンド契約。本来は先週ニック・レンツとマイク・グランディが対戦予定だったが、グランディのセコンドが新型コロナウイルス陽性となり欠場。急遽、エフロエフが1週間遅れでレンツと対戦することになった。リミットも直前のため本来のフェザー級リミット…

UFC257:第1試合・アミル・アルバジ vs. ジャルガス・ジュマグロフ

UFC

フライ級。アルバジ15位。 イギリスのアルバジは、昨年7月のファイトアイランドシリーズで、直前の欠場選手の代役として1週間前に出場が決まった。相手も初参戦のマルコム・ゴードンで、タックル→マウント→返され際の三角で一本勝ち。が、初参戦同士だったの…

UFC257:リアルタイム速報

UFC

9時開始。