格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

UFC on ESPN+50:第5試合・モンテル・ジャクソン vs. JP・ベイズ

バンタム級

グレコでオリンピックを目指していたジャクソン。しかしMMAではタックルでテイクダウンを奪われることも多く、UFC4勝2敗のうち、負けた試合ではいずれもテイクダウンを7回・8回と奪われている。前回はUFCデビュー戦のジェシー・ストレーダーにパンチでダウンを奪い、最後はパウンドで秒殺KO勝ち。

夫婦でコンテンダーシリーズからUFCに勝ち上がったバイズだが、3月の同日デビュー戦では両者とも敗戦。妻のシャイアンは先月の2戦目でグラウンドから立ち際の微妙なタイミングでハイキックを打ち込みKO勝ちしている。しかし旦那はUFCデビュー戦で3戦未勝利のブルーノ・シウバに2Rパンチで3度もダウンを奪われKO負け。南アフリカ出身で、こちらもレスリングでオリンピックを目指していた時期がある。しかし初戦の印象が悪かったのか、オッズは大差のアンダードッグ。

長身・細身のジャクソン。ベイズタックルに入るが切られた。またタックル。シングルレッグからボディロックしてテイクダウン。すぐマウントへ。反転しようとする。ジャクソンだがさせずにバックマウント。チョーク。外れたがなおもバックを取っているベイズ。が、ジャクソンが立ち上がると下に落ちた。そこからタックル。ジャクソン首を抱えてギロチン。スタンドで絞める。外れた。ベイズ反り投げを狙ったが潰され下に。ベイズ立った。至近距離から膝を入れたジャクソン。離れた。ベイズがボディに膝を入れるとギロチンで引き込む。外れた。ベイズ下に。ジャクソンパウンド。ベイズ立ったがバックを取られている。ジャクソンバックからパンチ・膝。ホーン。

1Rジャクソン。

2R。ジャクソンの左をもらい首がのけぞったベイズ。さらに左をもらう。ジャクソン組んで倒した。ベイズ足関を狙うがジャクソン立った。スタンドでバックに。ベイズ正対してギロチンで引き込むが外れて下に。ベイズは亀に。ベイズの立ち際に膝を入れたジャクソン。スタンドでバックから膝を入れるジャクソン。離れた。パンチがヒットしベイズまたダウン。今度は立たせたジャクソン。ベイズタックルに来るが切られた。また組むベイズをボディロックしてサバ折りテイクダウン。ハーフで押さえ込む。ホーン。

2Rジャクソン。

3R。ジャクソンの左ストレートがヒットしベイズ三度ダウン!ジャクソンパウンド。下からしがみついて凌ぐベイズだがタックルを切られてパンチを入れられる。四つに組んだベイズにジャクソン膝。しかしローブロー。再開。また左がヒット。ベイズダウン。見えてない。ジャクソン立たせた。ベイズタックルから引き込み。ジャクソン上で何もしない。下からの仕掛けを警戒しているのかもしれないが。下からキムラを狙うベイズ。ジャクソンディフェンスしてボディを殴る。時間がすぎる。タイムアップ。

三者30-27でジャクソン勝利。

が、あそこまで打撃で圧倒しているのに、ベイズの組みに付き合いすぎて判定に。上になっても何もできないならさっさと離れて打撃勝負したら良かったのでは。