格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

ONE116:青木真也 vs. ジェームス・ナカシマ

ライト級。

青木は2019年3月にエドゥアルド・フォラヤンにリベンジ勝利しライト級王座に返り咲いたが、わずか1ヶ月半後に20歳のクリスチャン・リーと対戦し、1R一本勝ち寸前まで追い込んだが凌がれ、2R序盤にパンチを貰ってKO負け。10月の日本大会ではホノリオ・バナリオに秒殺一本勝ちしたが、昨年7月に活動再開したONEでなかなか試合が組まれず半年たってようやく試合が決まった。

ナカシマは2019年8月に岡見勇信と対戦しギロチンを極めかけ、パンチでダウンを奪っての判定勝ち。次戦で王者のキャムラン・アバソフに挑戦したが、4R逆転KO負けでMMA初黒星を喫した。MMAでは1度負傷TKO勝ちがあるだけで、あとの勝利はすべて判定。今回からライト級に落とす。

 

アップライトに構えた青木がハイ、ミドルを蹴る。組みに行くが、ナカシマが脇を差す。青木は腕を抱えてケージを背負う。振りほどき離れたナカシマ。青木のミドルがヒット。また組んでいく青木。今度は脇を差した。そのままスタンドでバックに。片足フックしハーフバック。じっくり攻める青木。背中に乗ってバックマウント。フェイスロック!スタンドでがっちり入りナカシマタップ!

青木完勝。