格闘技徒然草

MMAを中心とした格闘技情報&観戦ブログ

UFC

UFC233:1月26日のUFC233が大会キャンセル。ナンバリングは欠番に。

UFC

mmajunkie.com 1月26日に予定されていたUFC233がキャンセルされるとのこと。適切なイベントが構築できないためとのことで、メインのタイトルマッチが組めないためと思われる。現在のところ、2月10日のUFC234のナンバリングはそのままで、UFC233は欠番となる…

UFC on FOX31:オッズ/予想と展望

UFC

ケビン・リー 1.32 アル・アイアキンタ 3.55 エジソン・バルボーザ 1.95 ダン・フッカー 1.87 ロブ・フォント 1.63 セルジオ・ペティス 2.40 ジム・ミラー 3.40 チャールズ・オリヴェイラ 1.36 ザク・オットー 3.50 ドワイト・グラント 1.33 ボビー・グリー…

UFC231:メインイベント・マックス・ホロウェイ vs. ブライアン・オルテガ

UFC

フェザー級タイトルマッチ5分5R。王者ホロウェイの1年ぶり2度目の防衛戦。挑戦者オルテガはランキング1位。 スイッチしながらジャブを出していくオルテガ。ロー。ホロウェイは飛び込むフェイント。前に出て右を打ち込んだ。ホロウェイのワンツーがヒット。オ…

UFC231:セミファイナル・ヴァレンチーナ・シェフチェンコ vs. ヨアンナ・イエンジェイチック

UFC

初代王者モンターニョが初防衛戦を減量失敗で欠場しタイトルが剥奪されたために行われる第2代女子フライ級王座決定戦。フライ級1位シェフチェンコ。ヨアンナはストロー級の1位。 シェフチェンコは今年2月にUFCで初めてフライ級に落としたが、1ポンドオーバー…

UFC231:第11試合・アレックス・オリヴェイラ vs. グンナー・ネルソン

UFC

ウェルター級。ランキング13位オリヴェイラ、14位ネルソン。 ウェルター級では7勝2敗1NCとなかなかの戦績のオリヴェイラ。今年4月には元暫定王者のカーロス・コンディットにギロチンで一本勝ちしている。UFC7勝のうち判定が2回しかないフィニッシャー。 空手…

UFC231:第10試合・ハキーム・ドワード vs. カイル・ボクニエク

UFC

フェザー級。 メインカード唯一のカナダ勢・ドワード。少年院に入れられたこともある荒れた少年時代から更生し、WSOFカナダでキャリアを積んで無敗でUFCと契約したが、今年3月のUFCデビュー戦ではギロチンで秒殺一本負け。2戦目はカーフキックを効かせての判…

UFC231:第9試合・ジミ・マヌワ vs. チアゴ・サントス

UFC

ライトヘビー級。マヌワ7位、サントスはミドル級15位。 9月のブラジル大会でマヌワ vs. テイシェイラが組まれていたが、テイシェイラ欠場で階級下のサントスがマヌワと戦うことになっていた。しかし結局マヌワも欠場。サントスは同じミドル級のアンダースと…

UFC231:第8試合・クラウディア・ガデーリャ vs. ニーナ・アンサロフ

UFC

女子ストロー級。ガデーリャ3位、アンサロフ11位。 グラップラーのガデーリャはInvictaでは浜崎朱加にも勝利し、UFCではヨアンナと2度対戦し、いずれも僅差判定負け。昨年の日本大会ではジェシカ・アンドラジのパワー戦法に圧倒され判定負け。前回は初代王者…

UFC231:第7試合・オリヴィエ・オウビン・メルシェ vs. ギルバート・バーンズ

UFC

ライト級。 TUFネイションズ準優勝のOAMことメルシェ。柔道バックボーンでTUF後は7勝2敗と、TUF決勝で負けたラプリス(5勝3敗)よりもいい成績を残している。ただ、ランカークラスへの勝利はなく、負けた相手はディエゴ・フェレイラとアレクサンダー・ヘルナ…

UFC231:第5試合・エリアス・テオドロウ vs. エリク・アンダース

UFC

ミドル級。地元のテオドロウは14位。 TUF NationsウィナーのテオドロウはUFC7勝2敗。負けた相手はチアゴ・サントスとブラッド・タヴァレス。戦績は悪くないが、あまり上位での試合は組まれていない。7勝のうち判定勝ちが5試合という地味さも原因か。バックボ…

UFC231:第6試合・ケイトリン・チューケイギアン vs. ジェシカ・アイ

UFC

女子フライ級。チューケイギアン3位、アイ9位。 UFC4勝1敗、フライ級では2戦全勝のチューケイギアン。長いリーチを活かしたアウトボクシングで、4勝すべて判定勝ち。 アイはバンタム級時代はUFC1勝5敗1NCと7試合で1勝しかできなかったが、フライ級転向後は同…

UFC231:第4試合・ブラッド・カトーナ vs. マシュー・ロペス

UFC

バンタム級。 今年の春に行われていた無敗の選手のみで争われたTUF27で見事無敗のまま優勝した地元カナダのカトーナがUFCデビュー本番を迎える。地元抜きにしても、TUFウィナーなのだからもっと上の方の試合順でいい気がするのだが。TUFではフェザー級だった…

UFC231:第3試合・チャド・ラプリス vs. ディエゴ・リマ

UFC

ウェルター級。 カナダ vs. オーストラリアで行われたTUF Nationsウィナーのラプリス。地元の選手でUFC6勝3敗と勝ち越しているが第3試合という扱い。ライト級だったが体重オーバーしたため再びウェルター級に上げて、そこから2連勝したものの、前回はヴィセ…

UFC231:第2試合・カーロス・ディエゴ・フェレイラ vs. カイル・ネルソン

UFC

ライト級。 ジョン・マクデッシの代役でUFC復帰予定だったジェシー・ロンソンが試合4日前に体重が重すぎ急激な減量が危険ということでUFCから試合をキャンセルされ欠場。UFCとの契約もなかったことに。代打の代打で出場するのは地元のカイル・ネルソン。MMA1…

UFC231:第1試合・デビン・クラーク vs. アレクサンドル・ラキッチ

UFC

ライトヘビー級。 Lookin' for a Fightで発掘されたクラークはUFC3勝2敗。レスリングバックボーンで、UFCでの3勝はすべてテイクダウンしての判定勝ち。前回は15分で7度もテイクダウンを奪っている。 現在オーストリア唯一のUFCファイターであるラキッチはキ…

UFC231:リアルタイム速報

UFC

8時15分から。

UFC231:オッズ/予想と展望

UFC

マックス・ホロウェイ 1.77 ブライアン・オルテガ 2.10 ヴァレンチーナ・シェフチェンコ 1.29 ヨアンナ・イエンジェイチック 3.85 アレックス・オリヴェイラ 2.25 グンナー・ネルソン 1.69 ハキーム・ドワード 1.54 カイル・ボクニエク 2.60 ジミ・マヌワ 2.…

UFN142:メインイベント・ジュニオール・ドス・サントス vs. タイ・ツイバサ

UFC

ヘビー級。JDS7位、ツイバサ11位。 1R。ツイバサ飛び込んでパンチを打ち込むがステップでかわしたJDS。距離を取り飛び込んで右を入れる。ツイバサがカーフキック。JDSも返す。ツイバサ前に出て組み押し込んだ。引き剥がすJDS。バックスピンキック。飛び込ん…

UFN142:セミファイナル・マウリシオ・ショーグン vs. タイソン・ペドロ

UFC

ライトヘビー級。ショーグン13位、ペドロ14位。メインと同じく、ブラジルの元王者 vs. 地元選手の構図。 昨年3月のジャン・ヴィランテ戦では久々に夏前にはダニエル・コーミエから次期防衛戦の相手として指名されることもあったショーグンだが、アンソニー・…

UFN142:第10試合・マーク・ハント vs. ジャスティン・ウィリス

UFC

ヘビー級。ハント10位、ウィリス15位。 ハントはこれがUFCとの現契約の最終試合。再契約はしないが、引退せず他団体で戦うことを明言している。UFC最年長の44歳で、最近5戦は1勝4敗とさすがに衰えが見えるものの、前回のオレイニク戦はずっと打撃で優勢で、…

UFN142:第9試合・ジェイク・マシューズ vs. トニー・マーティン

UFC

ウェルター級。 19歳でUFCデビューしたマシューズ、24歳でもうUFCキャリア5年。ライト級で4勝3敗だったが、階級をウェルターに戻すと3連勝。前回は安西信昌をまったく問題にせずテイクダウン→パウンド→チョークで圧勝。 安西に勝っているマシューズに対し、…

UFN142:第8試合・スーマン・モクタリアン vs. ソディック・ユサフ

UFC

フェザー級。メインカードだがUFCデビュー戦対決。 モクタリアンは26歳。7歳上の兄で先にUFCに参戦しているアシュカンとオーストラリアン・トップチームを運営している。今回は兄弟揃って出場予定だったが、兄は負傷欠場している。MMA戦績は8戦全勝。8試合中…

UFN142:第7試合・ジム・クルート vs. ポール・クレイグ

UFC

ライトヘビー級。 地元オーストラリアのクルートはコンテンダーシリーズでKO勝利してこれがUFCデビュー戦。コーチはK-1でも活躍したサム・グレコ。MMA8戦全勝の22歳。 スコットランドのクレイグはグラップラーで10勝のうち一本勝ちが9つ。UFCデビュー戦は引…

UFN142:第6試合・岡見勇信 vs. アレクセイ・クンチェンコ

UFC

ウェルター級。 キャリアが残り少ないのでランカーとやりたいという岡見だが、ウェルターは層が厚く、現ランカーのマグニーやウスマンは7連勝、レオン・エドワーズは5連勝してようやくランカーとの対戦が組まれた。もちろん人気選手ならもっと早くチャンスが…

UFN142:第5試合・ウィルソン・ヘイス vs. ベン・ウェン

UFC

フライ級。ヘイス8位、ウェン10位。 3連勝でDJのタイトルに挑戦したヘイスだが、パウンドで削られ続けて3R腕十字で一本負け。さらにヘンリー・セフードにKO負け、ジョン・モラガに判定負けで3連敗中。テイクダウンの強い柔術家。 アメリカ国籍だがオーストラ…

UFN142:第4試合・中村K太郎 vs. サリム・トゥアリ

UFC

ウェルター級。 昨年の日本大会は網膜剥離開けの試合だったK太郎。打撃の展開で勝ったものの、盛り上がりのないスプリット判定勝ち。前回はトニー・マーティン相手にスタンドの手数で負ける展開が続いたが、そのままでは判定で負けるのが見えているにもかか…

UFN142:第3試合・イライアス・ガルシア vs. カイ・カラフランス

UFC

フライ級。 Lookin’ for a Fightで発掘され、わずかキャリア5戦(全勝)で7月にUFCデビューを果たしたガルシアだが、マーク・デ・ラ・ロサにバックからのチョークで一本負け。引き込んで下攻めを狙う場面もあった。 TUF24フライ級トーナメントに出場していた…

UFN142:第2試合・廣田瑞人 vs. クリストフ・ジアゴス

UFC

ライト級。 コール・ミラー相手にUFC初勝利を上げた廣田だが、ヴォルカノスキーには完敗、日本大会では計量失敗の末当日体調不良で欠場という失態。前回はライト級に上げて同じTUF(RTUJ)ウィナーのロス・ピアソンと対戦したが、パンチでぐらつかせる場面は…

UFN142: 第1試合・アレックス・ジョージース vs. ダミアー・イスマグロフ

UFC

ライト級。 本来はロス・ピアソン vs. ジョセフ・ダフィーだったが、結果的に両者とも負傷欠場してしまい、代役UFCデビュー戦同士の原型のないカードに。 23歳で地元オーストラリアのジョージース。今日デビューするオセアニア出身ファイター4人のうちの一人…

UFN142:リアルタイム速報

UFC

9時開始。